読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

【副業】稼ぐための副業を8つ紹介します

f:id:ikinahito-ci:20170516142534j:plain

こんなニュースがありましたね。

 

正社員の賃金増 勢い欠く「3月速報値、給与総額10カ月ぶり減」:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF09H0R_Z00C17A5EE8000/

 

この背景には、働き方改革による労働時間の減少。労働時間の減少による残業時間の減少。そして、残業時間の減少による残業代の減少があると言われています。

 

もちろん、そもそも残業時間が自分の収入を支えているという構造に問題あります。

 

ただ、事実として今後働き方改革が進めば、収入における残業時間の割合が多い人は、収入が減るのは明らかです。

 

そこに文句を言っても仕方ありませんし、転職やスキルアップを考えれば良いですが、今の仕事をつづけたいと思う人もいるはずです。

 

そのような人たちは、副業で稼ぐしかありません。むしろ、これは稼ぐ力を養う良い機会です。

 

しかし、いきなり副業で稼ぐと言われても、「どうやって稼ぐのか?」と思う人もいるはずです。

 

そこで今回は、副業で稼ぐ方法を8つご紹介します。今回紹介する8つは、全て私の実体験、もしくは知人が実際に副業として行っていることです。

 

ただ、やり方を細かく書いているわけではありません。まずは、このブログを読んでザックリと副業の種類を知りましょう。

 

このブログを読んだ後にサイトへ登録するなど、一歩踏み出してもらえれば嬉しいです。

 

難易度と稼ぎ度は0~5で表しています。難易度はその副業を行うこと自体へのハードル、稼ぎ度は副業から生み出される収益のことです。

 

 

1.クラウドソーシング

難易度:1

稼ぎ度:1~3

 

まずは、クラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、サイトに登録をして、そこから自分にあった仕事を見つけ収入を得る方法です。

 

仕事の種類は以下のようにたくさんあります。

・ライティング(記事などの作成)

・ロゴやキャラクターのデザイン

・データ入力や事務作業

・動画の編集

・翻訳

・システム開発

 

このほかにもたくさんの仕事があります。見てもらえると分かりますが、データ入力などの誰でもできる仕事から、ロゴなどのデザインや翻訳など、スキルがある人向けの仕事まであります。

 

しかし、「クラウドソーシング 稼ぐ」などと検索してもらえると分かりますが、「クラウドソーシングは全然稼げない」というような記事も目にします。

 

これは、半分真実で半分嘘です。嘘というよりは、「上手く稼ぐ方法を知らない」だけです。

 

わたしが、稼ぐ副業としてクラウドソーシングで一番おススメなのは、「クラウドソーシング「ランサーズ」」というサイトです。

 

副業として上手くやれば月10万円も達成できます。気合を入れれば20万円稼ぐことも無理ではありません。

※参考記事

楽にランサーズで月20万円以上稼ぐ5つの方法を教えます 

 

あとは、面白いクラウドソーシングとしては【PVモンスター】 です。

 

これは、ランサーズとは違い、「閲覧数=報酬」となります。

 

ランサーズは、「不動産査定の記事2,000文字2,500円」など、1記事納品して稼ぐイメージです。

 

一方、PVモンスターは自分で記事を書いて、それを依頼主が自社サイトなどに掲載します。

 

その掲載が続く限り、閲覧数に応じて収益が発生するという仕組みです。つまり、「1記事で継続的に稼ぐことができる副業」ということです。

 

わたしはPVモンスターで試しに1記事書いてみましたが、まだ報酬は発生していません。今後発生したらレポートでお伝えしますね。

 

 

2.ブログ

難易度:3

稼ぎ度:1~5

 

つづいて、ブログで稼ぐという方法です。難易度を3にしていますが、これはサーバーレンタルやドメイン取得などをした場合です。

 

この辺りの話は色々とややこしいので、まずは「はてなブログ」や「ライブドアブログ」で無料ブログをはじめましょう。

 

読者が増えてきたら、色々と調べてサーバーレンタルやドメイン取得をすれば良いです。ブログという資産は既にあるので、移行するのはコピペするだけなので簡単です。

 

そもそも「副業としてブログでどうやって稼ぐの?」という方もいると思います。ブログで稼ぐとは、以下のようなことです。

 

・まずはブログを書き、読んでくれる人を集める

・グーグルアドセンスやアフィリエイトサイトのリンクを貼る

・ブログを読んでくれる人がそのリンクをクリックしたり、リンク経由で注文したりする

・条件が達成した場合には報酬がブログを制作している人の収入になる

 

たとえば、先ほどを紹介した「クラウドソーシング「ランサーズ」」。

 

これは、上記のリンクを経由してランサーズへ登録、もしくはクライアント側として仕事を募集したら、わたしに報酬が入ります。

 

ちなみに、登録は100円で、仕事募集は1,000円です。(報酬としてはかなり少ないです)

 

おすすめ本や、商品などを紹介している人もいます。このブログでも、たとえば以下のように本を紹介しています。

このサイト経由で本を購入すれば、決まった利率(アマゾン、楽天など、どのサイトから購入したかによって変わります)がわたしに入ります。

 

グーグルアドセンスというには、記事の最初にある「スポンサーリンク」をクリックしたら報酬がもらえるという仕組みです。

 

いわゆるブロガーと言われている人は、このように稼いでいるのです。ブロガーはブログを主業としていますが、副業としてブログで稼ぐことも可能です。

 

ブロガーとして有名なイケダハヤト氏は、ブログだけで月250万程度稼いでいます。

 

しかし、ブロガーとして稼ぐためには、毎月一定したPV(ページビュー、閲覧数)を稼がなくてはいけません。

 

人によって異なりますが、1PV=0.1円程度と言われていますので、月10万円稼ぐためには月100万PVが必要になります。

 

素人が月100万PVを稼ぐのはかなり難しいです。そのため、稼ぎ度は1~5にしています。

 

ブログのテーマは何でも良いです。わたしは職業柄、働き方や生産性の上げ方をテーマにしています。

 

自分の好きなこと、専門性のあることをブログとして書いていけば良いのです。

 

ブログは、長期的なスパンで「副業で稼ぐ」方法です。わたしはブロガーを目指しているワケではありませんが、ブログを書くメリットが多い上に、稼ぐ力まで養えるのでおススメです。

 

副業としてのブログで収入を得ながら、スキルアップさせましょう。

 

※関連記事

ブログを書くメリットを新たに見つけた話

 

 

3.アフィリエイトサイト

難易度:4

稼ぎ度:1~5

 

アフィリエイトサイトはブログで稼ぐ方法と似ています。違う点は、商品の説明に特化するということです。

 

たとえば、「育毛剤 おすすめ」などで検索すると、たくさんのサイトが出てきます。個人で商品の紹介をしているサイトの大半はアフィリエイトサイトと言えるでしょう。

 

稼ぎ方は先ほどと同じ仕組みです。自分のサイトに読者を呼び込み、そのサイトに貼ってあるリンクから商品を買ってくれたら、利率に応じて自分の稼ぎになります。

 

ただ、アフィリエイトサイトを副業として本格的にやるには、サイトを立ち上げる必要があります。

 

サイト作成、サーバーレンタル、ドメイン取得などはそこまで難しくはありませんが、ほかの副業に比べると面倒なので難易度は4としています。

 

 

4.有料コンテンツの販売

難易度:2

稼ぎ度:1~5

 

これは、ブログやアフィリエイトサイトの派生形ですね。有名な有料コンテンツでいうと、KDP(kindleで電子書籍を販売)やnoteでしょう。

 

自分の記事を書籍化したり、まとめたりしたのものを電子書籍として「売る」ということです。自社出版とイメージが近いです。

 

有料コンテンツの販売自体はそこまで難しくありません。

 

しかし、それを買ってくれるかどうかは、あなたの信頼が試されます。先ほどのイケダハヤト氏はnoteで大分稼いでいるようです。

 

有料コンテンツを販売するためのコンテンツ作成は、自分の「稼ぐ力」を上げてくれます。

 

なぜなら、コンテンツ制作をすることで、自分の考えやノウハウがまとまるからです。

 

 

5.ポイントサイト

難易度:1

稼ぎ度:1

 

まずは、簡単な副業から・・・という人は、ポイントサイトがおすすめでしょう。

 

有名なサイトとしては、【ECナビ】アンケートモニターです。

 

このサイトに登録して、アンケートなどに答えるとポイントが貯まっていきます。そのポイントを現金化して収益を上げるというワケです。

 

稼ぐ方法としては非常に簡単ですが、稼ぐ金額はかなり少ないです。

 

そのため、副業としてのアンケートサイトは、お小遣い稼ぎ程度と思っておきましょう。ただ、副業の第一歩目としてはハードルも低く良いかもしれません。

 

 

6.転売

難易度:4

稼ぎ度:1~3

 

つづいて、「転売」についてです。転売はそのままの意味で、本や服を転売する方法です。

 

たとえば、実際のフリーマーケットで買ってきたものを、メルカリで転売するなどの方法があります。

 

本や服、機材など色々な商品がありますが、最初に仕入れコストがあるので副業としての難易度は4としています。

 

 

7.物販

難易度:4

稼ぎ度:1~3

 

つづいて、物販です。物販もそのままの意味で、物を作って売るというビジネスになります。

 

わたしの友人は、コースターの裏にペンでオリジナルキャラクターの絵を描いて売ったり、スマホケースを作って売ったりしています。

 

デザイン系のスキルがある人は意外と稼ぐことができますよ。

 

物販をするなら、無料ネットショップ開業「BASE」ココナラの2つがおススメです。

 

 

8.投資

難易度:5

稼ぎ度:-∞~∞

 

最後の副業は「投資」です。代表的な投資は株やFXですが、稼ぐこと自体は中々難しいです。

 

稼ぎ度が-∞(無限)~∞となっているのは、資産がマイナスになることもあるし、逆に資産を何百倍にも増やすこともできるからです。

 

ただ、デイトレードではなく、中長期スパン(半年~1年以上)でトレードすれば、リスクはあまりなく投資ができます。

 

何より、株やFXを学ぶと、経済のニュースに敏感になるので、その価値はとてつもなく大きいです。

 

わたしも一時期株を運用していましたので、そのときに色々と知識を吸収しました。

 

株を学ぶならこの本がおススメです。興味がありましたらぜひ。

 

9.おわりに

 

稼ぐことは大事なことです。「仕事は金ではない」とは思いますが、今後ビジネス界で生き抜いていくためには、稼ぐことを知らないビジネスマンに市場価値はありません。

 

「副業」というと大それたものに聞こえるかもしれませんが、クラウドソーシングやアンケートサイトであればハードルは低いです。

 

簡単な副業からはじめてみましょう。それが稼ぐことの第一歩です。