読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

できる人になりたい人へ。おすすめのビジネス本「厳選5選」

f:id:ikinahito-ci:20170501161042j:plain

 

ゴールデンウィークですね。9連休の人もいるようですが、皆さん何をしているでしょうか?

 

旅行をしている人や遊びに行っている人もいると思いますが、意外と何も予定がない人も多いはず。

 

そんなときは、ビジネス本を読んでみましょう。

 

ビジネス本と聞くと「仕事しているみたいで嫌だ・・・」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

今回おすすめするビジネス本は、そんなに堅苦しくないものの、読んだ瞬間に思考が変わったり、モチベーションが上がったりします。

 

特に、ゴールデンウィーク明けに「仕事めんどうだな」と思わないよう、モチベーションが上がりやすいビジネス本をおすすめします。

 

騙されたと思って1冊でも良いので読んでみましょう。ゴールデンウィーク期間中なので、セールもやっていますよ。

 

 

1.憂鬱でなければ仕事じゃない

 

1つ目に紹介するおすすめのビジネス本は「憂鬱でなければ仕事じゃない」です。

 

この本は以前も紹介しましたね。

※参考記事

1,500冊ビジネス書を読んだ結果「厳選50冊」 vol1.憂鬱でなければ、仕事じゃない 

 

わたしが、最もモチベーションの上がるビジネス本がこの本です。

 

幻冬舎社長の見城徹氏の言葉である、「憂鬱でなければ仕事じゃない」などの名言がたくさん載っています。

 

それを見城徹氏自身が解説していて、そのあとにサイバーエージェント社長の藤田晋氏の解説が載っているという構成です。

 

たとえば、タイトルの「憂鬱でなければ仕事じゃない」とはどういう意味でしょうか?

 

見城氏は手帳に「やること」などを全て書いてあるそうです。

 

そして、朝起きたときにその手帳を見て、憂鬱なことが3つ以上ないと不安になるそうです。

 

なぜなら、憂鬱でない仕事で大きな成果は上げることは不可能だから。

 

ゴールデンウィーク明けの仕事は憂鬱ですか?

 

そんな人にこそおすすめです。

 

このビジネス本を読めば、確実にモチベーションが上がるはず。 

 

2. 1分間松下幸之助

 

2つ目に紹介するおすすめのビジネス本は「1分間松下幸之助」

 

言わずもがな松下電器(現:パナソニック)の創業者、松下幸之助さんの名言が記載されています。

 

「1つの言葉+解説」という構成なのですが、この1つの項目を読むのは2~3分です。

 

非常に読みやすく、頭にすらすら入ってくるので、サラッと読めてしまいます。

 

1つ言葉をピックアップしてみましょう。

 

「簡単にできると思うからできる。難しいと思うと永遠にできない。」

 

この意味は文面の通りなのですが、ある技術者と松下幸之助の実際のやりとりと共に紹介されています。

 

詳しくは本書をご覧ください。

 

ゴールデンウィーク明けが憂鬱なのは、「難しい」と考え過ぎていませんか?

 

そんな人におすすめのビジネス本です。

 

 3.「すぐやる脳」のつくり方

 

3つ目に紹介するおすすめのビジネス本は「『すぐやる脳』のつくり方」です。

 

この本は、以前も何かの記事で紹介したと思います。

 

ゴールデンウィークは特にダラダラして、何かはじめる1歩が踏み出せないものです。

 

そんな人におすすめのビジネス本になっています。

 

「すぐやる脳」をつくるには、とにかく「すぐやる」ことが大切です。

 

当たり前だと思いますか?

 

しかし、この理由を脳の機能に結び付けて、論理的に解説していれば、説得力が上がりませんか?

 

すぐやることで脳を鍛えられるそうです。

 

その習慣の積み重ねが「すぐやる脳」をつくり、すぐに行動を起こせる人になります。

 

今、すぐに、です。

 

この本を読もうと思いましたか?で、あれば今すぐに買って読みましょう。

 

Kindleで購入すれば、30秒後には読み始めているはずです。

 

4.「1日30分」を続けなさい

 

4つ目に紹介するおすすめのビジネス本は「『1日30分』を続けなさい」です。

 

この本は、タイトルのまま1日30分を続けることのポイントやコツを紹介しています。

 

わたしは元来飽きっぽい性格なので、この本には助けられました。

 

「3日坊主でも良い」「勉強したいと思ったときが一番効率良く吸収できる」「気分が乗らないときの勉強法」などなど。

 

このビジネス本をおすすめする理由は、決してキレイごとを言っていない点です。

 

毎日30分を365日つづけるのは中々難しいです。しかし、やらない日があっても別に良いのです。

 

大事なのは、「今やりたい」と思っていることへ踏み出す「1日30分」という小さな一歩です。

 

今やりたいことはありませんか?英語? MBA? プログラミング?FP?簿記?

 

30分だけやって、それを続けてみましょう。

 

まずはこの本を読むことです。それが「1日30分」の1日目になります。

5.キャリアデザイン入門

 

さいごに紹介するおすすめのビジネス本は「キャリアデザイン入門」です。

 

これも別の記事で紹介した気もしますが、今後のキャリアを考える上では非常に良いです。

 

今している仕事はやりたいことですか?YES!と答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

でも、それは普通のことです。

 

今している仕事は「筏(いかだ)下り」だと思いましょう。

 

流れの早い川を想像してください。

 

色々な「仕事」という障害物がある激流の中で、筏を下っているイメージです。

 

筏を下り終えたら次は「山登り」です。

 

下った川が激流であればあるほど、次に自分が登るべき山が明確になります。

 

その山が次のあなたのキャリアになります。

 

そんな内容が濃密に描かれている本です。

 

続編もありますが、まずは「キャリアデザイン入門[I]基礎力編」だけで良いです。 

もし、自分のキャリアに疑問を感じて、転職を考えているならマイナビエージェントがおすすめです。

 

マイナビのエージェントはキャリアの相談が上手です。

 

さすがに、今すぐは転職できない!人は、スカウト型転職サイトに登録すると良いです。

 

今は、周りにバレずにFacebookアカウントで登録できるNexstarSwitch.のようなサイトがあります。

 

とりあえず登録して、自分にはどのような求人があるのかを知っておくのも市場価値を知る1つの方法です。

  

せっかくのゴールデンウィークですから有意義に過ごしましょう。

 

有意義に過ごすかどうかは、ゴールデンウィーク明けのモチベーションに大きく影響しますよ。