読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

できる人の睡眠!ストレスなく全快の身体へ

f:id:ikinahito-ci:20170429024701j:plain

  

ビジネスマンでも主婦でも、「睡眠時間がもったいないな」と思ったことがある人は多いはずです。

 

今回の記事は、「ストレスを感じないことが快適な睡眠をとる」という内容です。

 

当たり前だと思いますか?言っていることは当たり前なのですが、ストレスを感じないような働き方を実践している人は少ないように思います。

 

1つ勘違いして欲しくないのは、「睡眠時間を削ろう」という記事ではないです。

 

最大限効率よく仕事をした上で、「質の高い睡眠を実現するコツ」がテーマです。

 

わたしは、眠りが浅い方なので、快眠できることは少ないです。寝つきも悪く、睡眠に関しては決して質が高いとはいえないでしょう。

 

特にサラリーマン時代に「精神と時の部屋があったら・・・(ドラゴンボールの)」と何度思ったか分かりません。

 

また、医学的に解明されているかどうかは分かりませんが、ショートスリーパーの人を羨ましく思うことも多いです。

 

芸能人や著名人のショートスリーパーで有名なのは、見城徹氏、秋元康氏、武井壮氏などでしょうか。

 

逆に、堀江貴文氏なんかは「寝ないとダメ派」らしいのです。

 

堀江さんの生産性の高さは、逆に睡眠をいかに取るか?からの逆算によって確立されたのかもしれませんね。

 

 

60年のうち20年は睡眠

 

以前、武井壮さんがこんなことを言っていました。

 

「今後1日8時間寝て60年生きるとする。そうしたら、20年間は睡眠していることになる」

 

これも当たり前の話なんですが、いざ「20年」という言葉に置き換えてみたら、すごく長い時間睡眠していることが分かります。

 

仮に、1時間睡眠時間を減らせれば、月30時間が新たに創出されます。

 

ストレスをなくすことで、この1時間の睡眠時間を減らしても生産性を落とさないことは可能です。

 

睡眠を1日1時間削ったとしたら、年365時間、日数換算で15日以上(365時間÷24時間)の時間を捻出できます。

 

もっというと、1日9時~18時まで働いたら、昼休みが1時間だとして8時間労働をしています。

 

つまり、ストレスのない睡眠をして1日1時間創出すれば、1年間で45営業日(365時間÷8時間)の時間を捻出できます。

 

45営業日あったら何ができますか?

 

わたしなら、

・宅建を取得できます(取得したときの勉強時間はこのくらい)

・234万円くらい稼げます(日給換算)

・本を50冊くらい読めます

・プログラミング言語を1つ以上マスターできます

 

 

フリーランスをして睡眠とストレスの関係に気づいた

 

わたしが、サラリーマンからフリーランスになって気づいたことの1つに、ストレスと睡眠の関係性です。

 

サラリーマンのころは、朝起きて憂鬱な日が多かったです。

 

余談ですが、朝起きて憂鬱なのはダメなことではありません。この本を読んで見れば分かります。

※関連記事

1,500冊ビジネス書を読んだ結果「厳選50冊」 vol1.憂鬱でなければ、仕事じゃない

 

今思うと、わたしの寝つきが悪いのは、仕事のストレスから来るものでした。

 

仕事が嫌い!という感情というよりは、「明日ミーティングするあの件大丈夫かな・・・」「今週中にあの件は結論出さないとな・・・」というストレスです。

 

ベッドに入ってもグルグルとそんなことを考えてしまうので、寝つきが悪く睡眠の質を妨げます。これには賛同してくれる人も多いはずです。

 

「酒飲まないと寝られない」という人は、まさにこういう人だと思います。

 

つまり、酒を飲まないで寝ようとする余計なことを考えてしまって、中々寝付けないということです。

 

しかし、フリーランスであれば、極論嫌な仕事やストレスを感じる仕事はしなければ良いです。

 

さすがに子供ではないので、全てを拒絶するわけにはいかないですが、確実にサラリーマンのころよりはストレスの少ない仕事の進め方をしています。

 

そこで気づきました。「寝つきが良くなっている」「少ない睡眠でも身体が全快している」と。

 

 

ショートスリーパーは才能

 

ショートスリーパーは才能です。わたしは見城さんの本や考えは好きですが、気を付けなければいけないのは、見城さんはショートスリーパーでわたしは違うということです。

 

それは事実として受け入れ、「あの人が寝ないで効率よく仕事できているから俺も・・!」という考えは捨てました。

 

※関連記事

仕事する時間を増やしたい。睡眠の適正時間は人によって違う 

 

そのため、睡眠を取りつつ、いかに睡眠の質を上げるかを考えた結果、「ストレスを極力減らすこと」という原点(?)に行きついたのです。

 

 

サラリーマンがストレスを感じないようにする方法

 

とはいえ、サラリーマンは仕事を選ぶことが難しいのも良く分かります。

 

そのため、「ストレスなく仕事をしよう!」と言っても、「はぁ?できるならやっているよ」と思う気持ちも分かります。

 

ただ、ストレスを極力減らす働き方は確実にできるはずです。

 

たとえば、

・通勤時間を短縮する

・座れる時間帯に通勤する

・ミーティングはオンラインで行う

・ストレスを感じる仕事はその日のうちに必ず終わらせる

・ストレスを感じない仕事を午前中に持ってくる

・上司との共有時間を増やす

などなど

 

ちなみに、このブログにコメント欄を設けてないのも「ストレスを軽減するため」です。

 

不快なコメントがあるだけでそれがストレスになるので、コメントはプラス面もあるとは分かりつつ「ストレスを減らす」ということを優先しています。

 

※関連記事

できる人になる!仕事の生産性を上げる10の方法

サラリーマンが今からやることによって出世すること

時短・効率・生産性。すべてのカギは「細切れの時間」

 

最終手段は転職ですね。転職をすることで、ストレスが軽減するのは睡眠時間に直結します。

 

睡眠時間が減れば人生の時間が増えます。「時間がない」と良く言っている人は、この点について深く考えてみましょう。

 

以下、毎度の告知。

 

さすがに、今すぐは転職できない!人は、スカウト型転職サイトに登録すると良いです。

 

今は、周りにバレずにFacebookアカウントで登録できるNexstarSwitch.のようなサイトがあります。

 

とりあえず登録して、自分にはどのような求人があるのかを知っておくのも市場価値を知る1つの方法です。

 

とりあえず副業を・・・という人は無料ネットショップ開業「BASE」【ココナラハンドメイド】の2つがおススメです。 

 

ただ、これはハンドメイド系の副業なので、ライターやデザイナーなどはココナラクラウドソーシング「ランサーズ」がおススメです。

 ※参考記事

楽にランサーズで月20万円以上稼ぐ5つの方法を教えます - イキナヒトのブログ

サラリーマンも副業を。フリーランスは幅広い仕事を

 

既に転職を具体的に考えている人は、マイナビエージェントが良いです。

 

わたしは転職するときに何社か利用しまししたが、マイナビエージェントの担当者は優秀です。非常に親身になってサポートしてくれますよ。

 

ストレスをなくすこと快適な睡眠を得る。それが、睡眠の質を上げ自由な時間を作り出します。