読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

仕事を通じて出世するために意識するたった1つのこと

 

f:id:ikinahito-ci:20170427193704j:plain

 

 

結論からいいます。仕事を通じて出世をするには、「会社のお金をつかっていることを意識しているかどうか」が重要です。

 

会社はあなたにどのくらいのお金をつかっているでしょうか?

 

給料だけではありません。あなたの持っている携帯電話もPCもデスクも、オフィスの賃料だって会社のお金です。

 

もっというと、電気代やコピー代、そして社会保険の半分も会社が支払っているお金です。

 

あなたの年収が500万円であれば、あなた1人に対して使っている会社のお金は、年収の1,000万円を超えているでしょう。

 

まず、その点を認識することが重要になってきます。

 

 

出世する人の特徴

 

あなたのまわりで出世する人の特徴はどのような人でしょうか?

 

共通して言えるのは、仕事を通じて利益を出している人ではありませんか?

※参考記事

仕事ができる上司とは?

 

当たり前ですが、会社は利益を出せない社員を囲い込むほど余裕はありません。

 

出世をするには、仕事で結果を出すことは絶対条件になります。

 

逆に、年功序列で出世していく会社にいても意味がありません。そのような会社にいてもあなたは優秀なビジネスマンになれないからです。

 

そのような会社でする仕事は、「稼ぐために」という、仕事をする上で最も当たり前な目的につながっていないからです。

 

そのような会社にいて、仮に10年後、会社が傾いて転職せざるを得なくなったとします。

 

その会社で仕事をした経験は、「その会社で出世する」ためには必要な仕事だったかもしれません。

 

しかし、ビジネス界におけるあなたの市場価値は非常に低くなっています。

※参考記事

サラリーマンが今からやることによって出世すること

 

 

仕事で評価されず出世しない人

 

仕事をする上で「社会的意義」や「お客様満足」はもちろん大切です。

 

道徳的な意味で大切というよりも、会社が継続的に成長するためには大切ということです。

 

あなたの周りにいませんか?利益を出していないの「お客様満足」を掲げる人。一見、その人の言っていることは「良いこと」のように思えます。

 

それは、お客様満足につながっているので、「良いこと」に聞こえる「だけ」です。

 

しかし、大前提として利益をあげなければ会社は存続できません。

 

そのような人は、会社がどれだけお金をつかっているか分からないのです。

 

会社がどれだけお金をつかっているか分からないということは「支出」を知らないということです。

 

支出を知らないのですから、「利益」を上げることがどれだけ大切か分からないのも当然です。

 

しかし、その人も生活する上では、自分がどれだけお金を使っているか把握しているはずです。

 

その感覚がなければ借金まみれになってしまいますからね。

 

しかし、それを「自分」から「仕事」に置き換えたときに、途端にわからなくなる人は多いです。

 

そのような仕事のやり方では出世できないでしょう。

 

年功序列で出世してずっとその会社にいれれば良いですが、今後は(既に今も)そんな甘い世の中ではなくなります。

 

そんな会社はさっさと転職するべきでしょう。

 

 

ビジネス界で出世できる仕事をしよう

 

会社という枠組みだけで考えてはいけません。

 

今、あなたのしている仕事は、ビジネス界において出世できる内容の仕事ですか?

 

つまり、転職するとき、独立するときに、市場価値の高いビジネスマンになれていますか?

 

「会社のお金をつかっていること」を意識した仕事をしないと、ビジネス界で出世はできません。

 

大企業の弱点はまさにここにあります。大企業は大きな仕事を任せられるまで時間がかかるので、自分が「会社のお金をつかっている」感覚がつかみにくいです。

※参考記事

就活のコツ~大企業の魅力はどんどん薄れる~ 

 

 

わたしは社会人3年目のときに、あるマンション売却プロジェクトの責任者になりました。

 

営業マンの人件費から広告宣伝費、細かいところでいうと地代や電気代まで、全てを管理していました。

 

そこで、はじめて1棟のマンションを売るときには莫大なお金がかかっていることを知ります。

 

そのような仕事をしてきたからこそ、わたしはビジネス界でも出世して、同年代のビジネスマンと比べると「稼げる力」が強いのです。

 

言い方は悪いですが、いつまでも下っ端の営業マンをしている場合ではありませんよ。

 

モノを売る力を育てる意味では営業マンは素晴らしいと思いますが、その仕事をずっとしていてはビジネス界で出世できません。

  

仕事を通じて何かのリーダーになり、「会社のお金を使う」という点を意識できる仕事をしましょう。

 

それが、サラリーマンでは最も早く「市場価値の高いビジネス界で出世できる人間」になれる道です。

 

「働き方改革」が叫ばれる中、労働時間が減り生産性が求められる時代です。

 

ビジネス界で出世できる仕事をしていなければ、即転職を考えるべきでしょう。

 

 

さすがに、今すぐは転職できない!人は、スカウト型転職サイトに登録すると良いです。

 

今は、周りにバレずにFacebookアカウントで登録できるNexstarSwitch.のようなサイトがあります。

 

とりあえず登録して、自分にはどのような求人があるのかを知っておくのも市場価値を知る1つの方法です。

 

とりあえず副業を・・・という人は無料ネットショップ開業「BASE」【ココナラハンドメイド】の2つがおススメです。 

 

ただ、これはハンドメイド系の副業なので、ライターやデザイナーなどはココナラクラウドソーシング「ランサーズ」がおススメです。

 ※参考記事

楽にランサーズで月20万円以上稼ぐ5つの方法を教えます - イキナヒトのブログ

サラリーマンも副業を。フリーランスは幅広い仕事を

 

既に転職を具体的に考えている人は、マイナビエージェントが良いです。

 

わたしは転職するときに何社か利用しまししたが、マイナビエージェントの担当者は優秀です。非常に親身になってサポートしてくれますよ。

 

転職することによって、仕事を通じてビジネス界という枠組みで出世しましょう。