イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

副業のハードルが高いならプチジョブからはじめよう

 f:id:ikinahito-ci:20170323224351j:plain

 

わたしはこのブログでも「副業」を勧めていますが、まだまだ副業している人は少ないです。

 

そもそも会社が副業禁止という場合もあるので一概には言えませんが、「副業」と聞くと大それたことである印象を持つ人が多いようです。

 

そのため、副業というハードルが高いのであれば「プチジョブ」からはじめましょう。

 

プチジョブとは、その語感の通り「サクッとできる仕事」です。副業よりは本腰を入れてやらない感じですかね。

 

プチジョブで月何十万円も収益が上がるワケではありませんが、プチジョブをすることで「会社以外からの収入を得る」という感覚がつかめるのです。

 

そこから、月数万円~十数万円以上稼ぐ副業が見つかるかもしれません。

 

いくつかハードルが低いプチジョブを紹介しますね。

 

 

ブログ

 

「ブロガー」という職業があるくらいなので、人によっては完全に「本業」になり得る仕事です。

 

ただ、プチジョブ感覚で「暇なときにブログ書く」くらいでやっても良いと思います。

 

アフィリエイトやグーグルアドセンスとつなげれば、少しばかりの収入が得られるかもしれません。

 

ブログが継続してファンがどんどん増えればプチジョブから副業になり得るかもしれませんん。

 

とりあえず、わたしも利用している「はてなブログ」から始めてみては? 


 

Naverまとめ

 

みなさんも知っていると思いますが、webのまとめサービスです。

 

Naverまとめ※は閲覧数ごとに報酬が発生する仕組みなので、バンバン記事を書けば収益になります。

 

ただ、単価自体は低いのですぐに稼げるわけではありません。

 

何か専門的な知識があり、アウトプットするのが好きなのであれば、ブログでと並行して「Naverまとめ」もやってみてはいかがでしょうか。

 

※Naverまとめ

http://matome.naver.jp/

 

 

ポイントサイト

 

かなり時期ですが、アンケートへの回答や資料請求することでポイントが貯まっていきます。

 

そのポイントがある程度貯まったら現金に換えることができるという仕組みになります。

 

スキルは身に付きませんが、「こういう稼ぎ方があるんだな」とは思えます。

 

※サイト例「モッピー」

http://pc.moppy.jp/

 

 

データ入力

 

数字や文字などを、ひたすらデータ入力できる仕事です。

 

会社勤めの中で、ある程度自由な時間がつかる人に向いているプチジョブになります。

 

また、ランサーズなどを利用することで、ほかの仕事へも興味が湧きますし、クラウドソーシングの仕組みも分かると思います。 

 

 

ネットオークション

 

たとえば、ヤフオクをやったことがありますか?不要な服なんかは結構高い値段で売れますよ。

 

プレミアム会員(月額800円ちょい)になる必要がありますが、数点売り物があればその程度はすぐに回収できます。

 

家の不要なものを転売するので、梱包方法や物流などが体験できます。

 

わたしも昨年ヤフオクをはじめてつかってみて、転売の手軽さを知りました。

 

「せどり」と呼ばれる職業も成立しているくらいなので、まずはヤフオクあたりでネットオークションの感覚をつかんではいかがでしょうか。

 

※ヤフオク

http://auctions.yahoo.co.jp/

 

 

せどり

 

先ほど言った「せどり」です。もともとは本の背表紙を見ただけで「売れる本」を判別することから、せどりと言われています。

 

今では、安く物を仕入れて転売するときにも使われます。たとえば、フリマで古書をゲットして、ヤフオクを利用して高値で売るなどです。

 

 

ハンドメイド商品の販売

 

たとえば、イラストが書けたり、趣味で裁縫をしていたりする人です。

 

その作品・・・意外と売れますよ。

 

自分の作品を売却できるサイトはたくさんありますが、まずはBASE※あたりで始めてみては?

 

※BASE

https://admin.thebase.in/users/login

 

 

さいごに

 

このように主婦の内職的な仕事もありますが、副業のハードルが高いならプチジョブから始めてみると良いです。

 

とにかく、会社の給与以外で稼ぐことを体験するのは、大きな財産になります。

 

そこから派生してクラウドソーシングで数万円程度稼げるかもしれませんし、自分の作品が爆発的に売れるかもしれません。

 

まずは「はじめること」が大切です。