イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

YouTuberを馬鹿にする人たちへ

f:id:ikinahito-ci:20170316200327j:plain

  

YouTuberって皆さんどんな印象をお持ちですか?良い印象を持っている人は少ないんではないでしょうか。

 

「変な動画上げて収入を得ている」「くだらない動画を撮影しているだけ」のように批判している人もいます。

 

気持ちは分からなくてもないです。別にわたしもYouTuberを尊敬しているワケではありません。

 

しかし、何も知らずにYouTuberを馬鹿にしている人は、何も考えていない人だなと思ってしまいます。

 

今回のブログはYouTuberを応援するブログではありません。ただ、何も知らないことを「否」とするのは、あまりにも子供だということが言いたいです。

 

 

あなたの年収くらいは軽く稼ぐ

 

まず、YouTuberの収入は広告収入です。そのため、基本的には再生回数=収入に直結します。

 

単価としては1回の再生で0.1円~0.5円程度と言われています。

 

有名どころのヒカキンさんやマックスむらいさん、はじめしゃちょー何かは、1回動画を投稿するだけで100万回を軽く超える再生回数になっているのです。

 

つまり、1回の動画再生(100万回だとして)で10万円~50万円の収入を得ていることになります。

 

動画撮影と編集で5時間かかるとしても、時給2万円~10万円と超高単価です。

 

NAVARまとめが情報ソースなので信憑性は怪しいですが、こんな記事まで出ています。

【すごい!】日本の人気YouTuberの年収ランキングまとめ! - NAVER まとめ

 

ただ、この記事に書いてある年収はそう間違っていないように思われます。

 

つまり、YouTuberのトップはあなたの年収を1か月で稼ぐということです。

 

まず、この時点ですごいと思いませんか?基本的には誰にも迷惑をかけず(たまにかけてますが)に、数千万円~1億円以上の年収になる。

 

しかも、動画を見ている人には「楽しさ」を与え、広告を見ることによって、広告主も広告を見た人にもメリットがあります。

 

YouTuberはかなり社会貢献している職業だと思いますけどね。ちなみに、わたしもたまに見ますが結構面白いです。

 

見たことないということは、ぜひ一度見てみてください。誰でも良いと思います。有名どころを見れば、なんとなく人気がある理由が分かりますよ。

 

 

ずっと続けられるの?

 

YouTuberを批判する人の中で「ずっと続けられる職業ではない」という人がいます。

 

では、逆に聞きます。あなたの職業はずっと続けられる職業ですか?AIに取って代わられませんか?

 

また、明日会社がつぶれたら、あなたの「実力」だけを評価されて転職なり独立ができますか?

 

ほとんどの人は「NO」と答えるでしょう。

 

一方、YouTuberはYouTubeが明日閉鎖されても平気だと思いますよ。

 

だって、動画をアップできて広告収入を得られるサイトなんて世の中にいくらでもあるから。

 

 

固定のファンが付いている

 

たとえば、ヒカキンさんには固定のファンが付いています。Hikakin TVだけで380万人以上のチャンネル登録数です。単純に考えて380万人のファンがいます。

 

一方、AKBグループで最もチャンネル登録数が多いのが吉田朱里(NMB48)という人です。

 

メイク方法などをアップしていて人気があるらしいのですが、それでもチャンネル登録数は19万人に満たない数です。

 

天下のAKGグループでもヒカキンさんの1/20程度のチャンネル登録数しかないのです。

 

ヒカキンさんがとてつもない数のファンがいることが分かったと思います。

 

たとえYouTubeが閉鎖されたとしても、ヒカキンさんは別のサイトで動画を上げるでしょう。

 

そして、Twitterなど、告知できる媒体は無数にあるので、大半のファンはそのままついていくでしょう。

 

 

ビジネスモデル

 

では、「広告収入を得る」というビジネスモデルに関してはどうでしょうか。結論から言うと、このビジネスモデルは今後伸びていく一方だと思います。

 

なぜなら、前も書きましたが、これからは「個人」の時代だからです。 

 

想像してみてください。天下の月9でさえ視聴率が6%程度の時代です。

 

しかも、スマホもありますし、スゴ録もあるので、TVのCMをまじまじ見る機会は極端に減りました。

 

わたしも録画が多いのでCMは飛ばしますし、リアルタイムで見るときもCM中はスマホをいじっていることが多いです。

 

それに比べてYouTubeの動画はどうでしょう。5秒でスキップすれば、基本的には広告主は費用発生しません。

 

15秒なり30秒なり、きちんと見てくれたときだけ広告料金は発生します。

 

つまり、「5秒でスキップ→興味ない→お金かからない」、「全部見てくれる→興味ある→お金支払う」という実に合理的な広告宣伝のやり方なのです。

 

見るかも分からないTVCMにお金を支払うより、爆発的に費用対効果が良いと思います。

 

今後もこの市場は拡大していきます。大事なのは「いつ」「どの媒体」で広告を出すかではありません。

 

大事なのは、「誰が」発信しているコンテンツに広告を流すかということです。

 

特定のファンを持ってるYouTuberはその点で非常に大きな強みを持っています。もちろん、「一部の」YouTuberですが。

 

批判をするなら、これらを全て踏まえた上で批判しましょう。無知の状態で批判したらダメです。

 

そこから深堀をする考えも、幅広い知見も得ることができないからです。