読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

これからは「個人」という話を整理しよう

f:id:ikinahito-ci:20170311084621j:plain

 

この前、キングコング西野さんのブログで「古本屋さんを作る」というブログがありました。

キングコング 西野 公式ブログ - 古本屋さんを作る。 - Powered by LINE

 

西野さんは「しるし書店」なる本屋を作るそうです。

 

しるし書店を簡単に言うと、「著名人が読んだ本を売る」本屋です。

 

要は、その著名人が読んでドッグイヤー(折り目)した部分や、線を引いた部分に興味ある人がその本を買うというワケです。

 

西野さんのブログから引用すると以下の通り。

 

はじめての方に説明しますと、『しるし書店』というのは、「あの人が読んで、あの人が気になった部分に"しるし"(付箋やドッグイヤーやマーカー)を入れた本」だけを取り扱う古本屋さん。

 

本は、状態が綺麗であればあるほど価値が高いとされていますが、いやいやどっこい、「あの人が読んで、あの人が"しるし"を入れた本」は、人によっては新刊よりも価値があるだろう、と。

なぜなら、あの人の視点を知って、あの人に近づきたい(人がいる)からです。

 

"誰に読まれるか"で、その本の価値が変わると僕は思っておりまして、「この本は誰が読んだのか?」を可視化し、さらには「この本を読んだ人が、この本のどこに注目したのか?」を可視化し、それを付加価値にしようと考えました。

 

早速1冊販売していたので、「おっ買いたい!」と思ったら、販売から数秒で売れたそうです。笑

 

それにしても、西野さんと発想力と行動力には、いつも驚かされます。これで漫才も一流なんだから凄いですよね。

 

さて、そんな西野さんのブログを見て、改めて「個人」で勝負する時代が来る(来た)なと思いました。

 

むしろ、個人で勝負しないと「いけない」時代になるのは間違いないと、自分が今まで主張してきたことは合っていたなと確信に変わりました。

 

 

コンテンツバブル

 

コンテンツバブルという言葉が出来て久しいですが、ネットで調べれば大抵のことは分かります。

 

それこそ、「個人事業主の手続き」や「確定申告にやり方」などなど、わたし自身独立するときにはネットの情報だけで手続きには困らなかったです。

 

このような、手続き的な「決まっていること」を調べるだけなら、ネットのどのサイトでも同じようなことが書いてあり、大体の記事が本当のことを書いています。

 

手続き系の記事は調べれば誰でも書けるので、手続き方法などが変わらない限りは同じコンテンツが何年も通用するのです。

 

しかし、NEWS系やビジネス系の記事、そして商品紹介の記事などはサイトによって信憑性が分かれます。

 

なぜ、NEWS系やビジネス系、そして商品紹介の記事などはサイトによって信憑性が分かれるのか。理由は以下です。

・本人の知見によるから

・アフィリエイト目的の記事が多いから

 

この辺は言わずもがなだと思いますが改めて。

 

 

情報弱者は「損」ではなく「危険」

 

一昔前は、「情報弱者の人は損する」というよりは、「得をしない」という印象でした。

 

たとえば、「このサイトから予約すれば10%オフなのに・・・」や「少し調べれば、同じ価格でもっと良いスペックの商品があるのに・・・」などです。

 

要は、ネットなどで情報収集していれば「お得」な情報があるので、人よりも安く良いモノをゲットできる確率が上がるということです。

 

しかし、昔は情報弱者の人が「損」をしているというよりは、情報強者の人が「得」をしているという感じです。

 

ただ、今は情報弱者の人が「損」・・・もっというと「危険」にさらされる可能性も高くなります。

 

 

プチ炎上

 

たとえば、ロンブーの亮さん。

ロンブー田村亮“誤爆”を謝罪 妻からスマホやめろ - 芸能 : 日刊スポーツ

 

こんなプチ事件がありましたね。

 

内容を簡単いうと、亮さんが匿名でマスコミや大手事務所の批判をしたはずが、SNSと連携していたことにより、亮さんの発言だとバレてしまったという事件(?)です。

 

真偽は不明ですが、この影響によって仕事が減っているとも報じられています。

 

少なくとも、「匿名で批判するのは卑怯」という批判の声にはさらされたでしょう。

 

こんなご時世ですから、これだけのことで仕事が減ることは十分に考えられます。

 

SNSに連携していることを知らない、もっというと「想像すらできない」のは、普段からSNSをはじめとした「情報」に触れていないからでしょう。

 

今はなんでもかんでも連携します。インスタもTwitterもFacebookも。

 

デフォルトで連携しているか知りませんが、設定をイジらないと面倒なことになるケースが多いです。

 

それを知らないのであれば、不用意なことをしない方が良いでしょう。亮さんのようになります。

 

 

一般人も同じ

 

このようなことは一般人にも起こり得ます。これ以外にも「個人情報が洩れる」「住所が特定される」「ウイルスに汚染されてPCのデータが全部飛ぶ」なども考えられます。

 

さらに言うと、「知らなかった」ということによってビジネスチャンスを逃したり、信用を失ったりもします。

 

現に、わたしはスマホやSNSを使いこなしていない人と話をするときには、どうしてもその人を色眼鏡で見てしまいます。

 

「多分この人にあの話題振っても分からないだろうな」という目で見てしまうので、会話の幅が狭まってしまうのです。

 

現実的に「マネタイズ」「インフルエンサー」という言葉を知らない人。

「SNSからの収益化方法」「もろもろのガジェット」を知らない人。

「特にネットでの超有名人(岡田斗司夫さんやヒロユキさんなど)」などを知らない人。

 

これらの人とは、話が通じなくて面倒と思ったことは何度もあります。

 

 

広告収入

 

話は戻りますが、ある意味すごい時代ですよね。

 

一昔前までは本屋で本を買ったり、専門家に聞いたりしなくてはいけない情報が無料で手に入るのだから。

 

しかも、それが今や「無料」で公開されているのだから驚きです。

 

これも言わずもがなですが、無料で公開できるのは「広告」をサイトに貼れば、その広告から収入が入るからです。

 

今や、「インスタグラマー」や「YouTuber」など、個人で人を集めて広告収入だけで億を稼いでいる一般人もいるほどです。

 

 

個人で勝負

 

ここまでの話を整理します。

・情報が溢れている分、何が真実か分かりにくい

・特にニュースやビジネス系、商品紹介系の記事

・それは広告収入というビジネスモデルが成立しているので適当な記事が多いから

・そして情報弱者は「損」するだけでなく「危険に」さらされる

 

何が言いたいかというと、コンテンツが溢れて何が真実かが分からない今だからこそ、情報を発信する「人」が重要です。

 

そして、個人で発信できる時代だからこそ、情報強者にならないと自分のプライバシーが「危険」であり、ビジネスチャンスを逃す「危険」があります。

 

何の実績もない人が「これからの時代は〇〇が流行る」と言っても信憑性は薄いです。しかし、同じことをホリエモンが言ったら信憑性は高いでしょう。

 

これはYouTuberなども同じです。ヒカキンさんが「身内にどっきりを仕掛けてみた」という動画をアップしたら、たくさんの人が見るでしょう。

 

それはヒカキンさんという人がブランド化されているからです。一方、同じことを仮にわたしが動画撮影をしてYouTubeに上げても、せいぜい40回くらいの再生で終わるでしょう。

 

何度も言います。あなたは個人で稼げますか?今の会社を辞めても個人で通用する人ですか?

 

あなたは情報強者ですか?真実を語っている記事を取捨選択できる知見を持っていますか?自分や家族を守れるだけの知見を持っていますか?