読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」のは不可能

f:id:ikinahito-ci:20170223042321p:plain

  

良く「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」という人がいますよね。野暮なこと言いますが、そんなことを思って生きられるワケがありません。

 

たとえば、戦場カメラマンの方であったり、戦場ジャーナリストの方であったりしたら分かります。リアルに「死」と隣り合わせですから。

 

「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」というのは、ある意味比喩であるということは分かります。しかし、比喩なのであれば、「明日会社がつぶれる」というつもりで生きることをおススメします。

 

 

明日会社がつぶれる

 

明日会社がつぶれたらどうしますか?多くの人は、「どこに転職しよう」と考えると思います。しかし、当然ですがそう簡単に自分の希望の会社に行けるワケではありません。

 

つまり、自分の「市場価値」を知っていますか?と言う話です。

 

あなたが今の会社を離れて新たな会社を探すとき、あなたは自分をどう評価されると思いますか?転職するときに大事なのは以下の要素です。

 

・経験

・ノウハウ

 

つまり、あなたが会社で「何をしてきたか」ということです。その経験が「市場」でどう評価されるでしょうか。

 

 

汎用性と専門性があるか

 

経験とノウハウを考える上で大切なのは、「汎用性」と「専門性」です。

 

 

汎用性

 

汎用性とは、あなたが持っている経験やノウハウは、ほかの会社でも通用するかということです。

 

その会社でしか通用しない営業スキルや、システム構築のノウハウなどは、正直意味がありません。その会社がつぶれたら終わりですから。

 

すごく嫌な言い方をしますが、自分のスキルや経験に汎用性がないということは、「市場価値は極端に低い」ということです。

 

たとえば、あなたがBtoCで家電を販売していたとしましょう。そのBtoCに対する営業トークや、人の懐に入る接客術は、恐らく「汎用性」があるでしょう。

 

しかし、マニュアル通りに家電を売って、流れ作業のように営業をしていると、汎用性のない営業マンになってしまいます。

 

つまり、あなたは「その店」の「その商品」しか売ることができない。マニュアルがなければ売ることができないということです。それはアルバイトと同じなので、会社としては時給が安い アルバイトを雇う方が生産性は上がります。

 

たとえば、飲食のルート営業であれば、流れ作業のように仕事をしていませんか?今行っている仕事に汎用性はありますか?汎用性がないということは、あなたの市場価値は低いですよ。

 

 

専門性

 

次に「専門性」です。専門性は、読んで字のごとく専門的な知識やノウハウです。

 

たとえば、あなたが投資用不動産の法人営業だったとします。

 

その部隊に居れば、「エリアごとの価値」「利回りの計算」「不動産情報のルート」などなど、法人向けの投資用不動産に関しての知識やノウハウが蓄積されます。

 

まず、そのような専門性があなたにはありますか?これは、業界や会社の方針によって大きく異なります。

 

業界的に斜陽産業であれば、その専門性があったとしても、価値は薄れます。また、会社の方針として「若手から責任の大きな仕事する」という方針であれば、専門性が付きやすいです。

 

なぜなら、責任が大きい仕事ということは、自分でやる「範囲」が広いので、専門的な知識やノウハウを勉強せざるを得ないからです。

 

このような、専門性があり、その専門性が斜陽産業でない限りは、市場価値はあります。必ず、その専門性を必要とする会社があるからです。

 

 

明日会社がつぶれる

 

繰り返しますが、「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」のは、ほぼ不可能です。明日死ぬのであれば、そもそも仕事なんてしないですよね?実際には家族や友人に会いに行くでしょう。

 

つまり、「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」と、実際には仕事などせずに1日を過ごすということです。

 

「明日死ぬ覚悟で今日を生きる」という考えがあるのであれば、ぜひ「明日会社がつぶれる」という考えで仕事をしてみてください。

 

そうすれば、今日の仕事のやり方や進め方は変わるはずです。

 

しかし、どう考えても今の会社が「汎用性」と「専門性」がないのであれば、即転職をおススメします。

 

わたしのおススメは以下。

 

わたし自身が転職するときにお世話になりました。エージェントが親身で業界を良く知っていたのがおススメ理由です。

 

・マイナビ

 

・インテリジェンス