イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

ブログを書くメリットを新たに見つけた話

f:id:ikinahito-ci:20170215095630j:plain

 

昨日、昔の上司と飲む機会がありました。

 

元々わたしのいた会社は独立する人が多いので、その上司はサラリーマンなんですがサラリーマンっぽくない人です。

 

そんな上司とこんな話になりました。

「幸せってなんだろう」

 

ちなみに別に宗教的な内容ではございません。

 

このブログで言いたいことは、ブログを書くメリットは「頭の中を整理することだ」と改めて思ったということです。

 

 

頭の整理

 

昨日上司と話をするときに、いつもなら詰められるのに昨日は全然詰められなかったのです。

 

詰められるというか、何度か質問されると、

自分でも何を言っているか分からなくなる、あの感じです。

 

なぜ、詰められなかったかというと、わたしがきちんと返答できたからです。

その1番の理由は、日々ブログでアウトプットしているからです。

 

毎日わたしのブログを読んでいただいている人はお気づきだと思いますが、わたしのブログは割と同じ主張を繰り返しています。

 

たとえば、

・なりたい自分を探せ

・やりたいことなんてない

・中長期の目標を立てる意味がない

・働き方改革で価値観が変わる

などなど

 

しかし、全く同じ内容ではなく、微妙に論点がズレています。(多分)

 

それは、1つのブログを書くとまた1つ自分の中で疑問が生まれからです。

 

「やりたいことなんてない」の記事を書いたときには、「なりたい自分で本当に大事だな。これを言語化しよう」と思って新たに「なりたい自分」の記事を書きました。

 

 

その後に、「そもそもどうやって会社を見つけるべきか?」という疑問に答えた記事がこれです。 

 


また後日、「なりたい自分」について新たな疑問が生まれれば、また「なりたい自分」というテーマで書きます。

 

だから内容は似通っても論点が違う記事になるのです。

 

このように、ブログを書くことによって、自分の中で自問自答ができます。

 

たとえば、一連の「やりたいことはない」→「なりたい自分になる」→「どうやって会社を見つける」という思考を精査できたので、人材コンサルで学生と話すときに大いに役立っています。

 

 

理路整然と話ができる

 

話を戻すと、昨日上司と話しをしていた「幸せってなんだろう」という話に、理路整然と答えることが出来ました。

 

その上司は頭の良い人なので、いつもなら鋭いツッコミが待っています。

 

しかし、昨日はそのツッコミに対しても、理路整然と答えることができたのです。

 

繰り返しますが、それはブログできちんと自分の考えを言語化していたからです。

 

良くテレビで討論をしていても、「ん?論点ズレてない?さっきと主張違わない?」ということはあります。

 

討論番組に呼ばれるような賢い人でもこんな状況なのです。

 

皆さんは、自分のことを頭の回転が早い人間だと思いますか?わたしは自分より頭の回転が良い人がたくさんいることを知っています。

 

そのため、ブログを今後も継続的に書き、自分の頭の中の設計図を精査し続けようと思います。

 

今ブログを書いていない人は今すぐに始めるべきです。

 

そして、今ブログを書いている人は、同じ主張になっても良いので、とにかく頭の中を整理して書くことです。

 

多少内容に矛盾があっても良いんです。どうせ、大した人数見ていません。

 

それよりも、どんどん書くことで自分の中で論理的な思考を整理することの方が、よっぽど大事なことなのです。

 

まだ書き始めて3か月程度ですが、強く思います。