読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

物事を「習慣化」させたいなら報酬を用意

f:id:ikinahito-ci:20170214113409j:plain

 

何かタイトルを付けたら固くなりましたが、

嫌なことの後にはご褒美を用意するということです。

 

皆さん、色々なことを習慣化したいですよね?

 

たとえば、わたしであれば、

・日々の情報収集

・筋トレ

・自炊

などなど

 

今のところ全て継続しています。

 

しかし、元来飽きっぽい性格のわたしが、

なぜ上記のことを習慣化できたか。

 

それは、「ご褒美」を用意していたからです。

 

 

些細なこと

 

ものすごく些細な例を挙げますね。

 

わたしはお風呂に入るのが嫌いでした。

 

でも、風呂に入らないのは衛生的に耐えられないので、

いやいや風呂に入っていました。

 

しかし、中学生のときに「あること」をするようになり、

お風呂に入ることが楽しくなりました。

 

「あること」とは、漫画を読むことです。

 

湯船につかって漫画を読むことで、

お風呂に入るときの「ご褒美」を用意しました。

 

「なんだ、そんなことか」と思いましたか?

 

そうなんです。

「そんなこと」で人は変わるのです。

 

でも、「そんなこと」を皆していないのです。

 

思い返してみてください。

・習慣化できないな~

・嫌な仕事だな~

 

と思ったとき、その後「ご褒美」はありますか?

「とにかくやる!」というスポ根でやってませんか?

それでは生産性は上がりませんよ。

 

※前記事にも書きましたが、

時にはスポ根も大事ですが・・・。

 

 

筋トレ

 

たとえば、筋トレの話。

 

筋トレは毎週2~3回は行っています。

 

もちろん暇なワケではないので、

筋トレに行きたくない日もあります。

 

わたしが用意しているご褒美は

・松屋の牛皿

・快適な睡眠

です。

 

ジムの隣が大好きな松屋なので、

ジムの後には牛皿を食べて帰ります。

一応、炭水化物は控えめに・・・。

 

また、「快適な睡眠」は意識してはいないですが、

自然と眠りが深くなり次の日の寝覚めも良いです。

 

まぁ「サウナの後のビール」と似たようなものです。

 

 

嫌なことの後には

 

習慣化するコツもご褒美ですが、

何か嫌なことの後にご褒美を用意するのも良いですよ。

 

たとえば、

・嫌な得意先の後はカフェで一服

・企画書作成を1時間集中した後は動画見よう

 

何か割と惰性で仕事していませんか?

とにかく仕事!ではなくメリハリ

 

メリハリとは「ご褒美」を与えること。

その「与えるタイミング」は、

習慣化したいことや嫌な仕事の後にしましょう。

 

良いんですよ、遊び要素も入れて。

ずっと仕事じゃ飽きます。

合間合間にご褒美をいれましょう。

 

そのご褒美のタイミングは、

間違いなく「習慣化」や「ストレス軽減」

繋がりますよ。

 

それは結果的に「生産性の向上」に繋がります。

 

大事なのは、上記のご褒美を事前に決めることです。

そして、できるだけそのご褒美を継続しましょう。

 

※関連記事