読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

「書く」ことでストレスは軽減される※リライト

f:id:ikinahito-ci:20170213191737j:plain 

※先ほどの記事を途中でアップしてしまったのでリライトしました。

最後の章「おススメ本」を追記しました。

 

 

割と良く言われる話かもしれませんが、

「書く」ことでストレスは軽減されます。

 

実際に、自分で命を絶とうとするほど追い詰められた人が、

書くことで救われた事例があります。

 

あるビジネスマンが、仕事やプライベートで色々苦労があり、

自ら命を絶つことを考えていました。

 

その際に、妻あてに遺書を書いていて、

そこに自分が命を絶とうとした理由を書いていました。

 

つまり、「どのような苦労や辛いことがあるか」です。

 

その遺書を書いていくうちに、

「あれ?意外とそんなに悲観するほどでもないぞ?」と思い

遺書を書いている途中に破り捨て思いとどまったという話です。

 

 

実は大したことない

 

人にはそれぞれ悩みがあるものです。

 

働いている人は、仕事の悩みが多いと思います。

また、結婚している人は家庭内の悩みもあります。

 

そして、その悩みの種類は「人間関係」など

第三者が絡んでいることが多いです。

 

しかし、その悩みは「小さなこと」の積み重ねであり、

1つ1つ見ていくと実は大したことない場合が多いです。

 

 

1つ1つピックアップしてみる

 

たとえば、「今」悩んでいることを

1つ1つピックアップしてみましょう。

 

想定は、飲料メーカーの営業マンです。

・卸先の店長と人間関係が良くない

・社内の営業サポートチームと相性が悪い

・メンターである後輩の成績が上がらない

・新しい商品の営業が上手くいかない

 

ピックアップした後は、1つ1つを深堀りしてみます。

 

・新しい商品の営業が上手くいかない

→(なぜ?)営業先が新しいモノを取り入れてくれない

→(なぜ?)陳列する場所がもうないとのこと

→(ほかは?)同僚の中にはガンガン売っている人がいる

→では、その同僚に切り込み方のコツを聞いてみよう

 

・メンターである後輩の成績が上がらない

→(なぜ?)後輩いわく「競合の信頼度が強く店に切り込めない」

→(何をしている?)既存店を回り、毎日顔を出している

→(ほかには?)新規の営業先を回って開拓している

→(何を優先する?)まずは既存店

→(解決策は?)営業の様子を見るために一度同行してみよう

 

などなど。

 

1つ1つ目を向ければ、そこまで大きなことではなく

さらに解決策を見つけることができるのです。

 

「そんなのやってるよ」と思った人はいませんか?

 

しかし、そんな人も騙されたと思って、

一度紙に書いてみると良いですよ。

 

そうすれば、なんとなくモヤっとしてた悩みが、

言語化され明確になりスッキリします。

 

 

部下や後輩への指導

 

部下や後輩への指導にも、

「書く」ことはおススメです。

 

わたしの上司に「マネジメントが上手い」上司がいました。

 

その上司は、メンバーと定期的にMTGを行います。

 

そのMTG内容は「今の悩み」や

「解決できない壁」などをヒアリングして、

どんどんホワイトボードへ書いていきます。

 

そして、先ほどと同様に1つ1つ「なぜ?」を問いかけ、

解決法を導き出していきます。

 

その解決法が見つからない場合には、

仕事の内容を変えたり、

目標を変えたりします。

 

そのため、メンバーも理不尽な仕事ではなく、

納得感をもって仕事に打ち込めるというワケです。

 

 

おススメ本

 

書くことに関して興味がある方は、

以下2冊の本がおススメです。

 

・ゼロ秒思考

・スマートノート

 

わたしが書いた「悩みを書く→深堀り」は

超簡易的な方法です。

 

ただ、これをやるだけで随分違うとは思いますが、

この2冊の本はもっと「書くこと」について詳しく書いています。

 

「ゼロ秒思考」の方は、

わたしが言ったことは何段階も深堀りする練習です。

 

この本に書いてあることを毎日やれば、

いちいち紙に書かなくても、

「問題は何か?」「解決策は何か?」が分かります。

 

そのため、仕事も早くなりますし、

日々の悩みも解決しやすいです。

 

また、「スマートノート」の方も、

本質的には同じです。

 

違いとしては「日記」要素も備わっているので、

仕事というよりは「日々の振り返り」を重視しています。

 

スマートノートも結果的には「問題解決力」が上りますが、

「ゼロ秒思考」よりは段階を踏んで、

ゆっくりマスターするイメージですかね。