読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

合理的に考えると行動しなくなる話

f:id:ikinahito-ci:20170204183248p:plain

  

良くこのブログで「生産性」や「時短」を

テーマとしてブログを書いています。

 

もちろん、今後も「生産性」や「時短」は

テーマにしていく重要なことです。

 

しかし、合理的に考え過ぎると、

「行動しない人間」になりやすいというのも事実です。

 

 

先を考える

 

たとえば今日のやることを

・確定申告書類をつくって

・大量のメールチェックして

・筋トレして

・1本だけ原稿書いて

 

という予定を立てたとします。

 

でも、ちょっと考えてみます。

 

・確定申告して

→担当の税理士が今日休みだ。

何かあったとしても週明けの返答になる。

 

・メールチェックして

→返答する前に納品する原稿書いてからの方が、

メールのやり取りが楽だ。

 

・筋トレして

→筋肉痛残ってるな。

今日行ってもランニングと

肩回りしか筋トレできない。

 

・1本だけ原稿書いて

→原稿書くとき集中するから、

明日まとめて3本書いた方が効率よいな。

 

ええ、まさに今日の私の状況です。

 

 

言い訳はいくつでも作れる

 

結局ダラダラと過ごしてしまい反省しつつ

「言い訳はいくつでも作れる」

という言葉が身に沁みます。

 

この言葉は、

良く学生や後輩にいう言葉でもあり、

世間でもよく言う言葉です。

 

たとえば、

 

・なんで起業しないの?

→後1年今の会社で勉強したい

開業資金が貯まらない

やりたいことがまだ明確でない

 

わたしの回答「多分君、一生起業しないよ」

 

 

・なんて転職しないの?

→行きたい会社がTOEIC700点必須なのでまずは勉強

→今辞めたら「逃げた」みたいじゃないですか

→いや~嫁が反対してて

 

わたしの回答「『それ』が解消すること一生ないよ」

 

と偉そうにいつも言っていますが、

今日のわたしのスケジュールにも・・・

 

「別にそんなに変わらなくない?

やりたくないだけでしょ?」

と言われたら反論できません。

 

 

生産性と行動

 

生産性を高めるために、

「考えること」はもちろん大切です。

 

言い方は悪いですが、

「効果の薄い努力」をしている人ほど

かわいそうな人はいません。

 

そのため、きちんと考えてから行動することも

自分が成長するときには大切になります。

 

しかし、ちょっとしたことや、

今日話した「やりたくない」が先行していることは、

「とりあえずやってみること」も大切です。

 

特に、普段から「考えて行動する」

といクセが付いている人(良いことなのですが)は、

すぐ行動することで「行動力」が養われます。

 

わたしも本日のことを反省しています。

 

そのため、今から確定申告と筋トレをします。

 

その後に「やりたいこと」を片っ端から考えずにやって、

眠くなったら寝ようと思います。