読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

「時間がない」と言う人ほど仕事ができない

 

f:id:ikinahito-ci:20170202205030j:plain

  

皆さんも経験があると思いますが、

「時間がない」という人ほど仕事ができません。

 

もちろん、本当に時間がない人もいます。

そして、本当に時間がないときもあります。

 

しかし、それは自分の生産性の低さによって、

勝手に自分を追い込んでいるときが多いです。

 

本当に「時間がない」ときは、

年に1~2回くらいではないでしょうか。

 

 

情報収集の時間がない

 

特に、「情報収集」の話になると、

「ニュース読んでいる時間なんてないよ」

と言う人がいます。

 

いやいや、今(そのときは飲んでいたんですが・・・)の

この飲みの時間があるじゃん。

 

極論、わたしがトイレに立っている3分間でもいいじゃん。

 

こんなことを言うと決まってこう言い返していきます。

「そんな気分で飲みになんて行きたくないよ。」

 

これを、わたしは理解できません。

 

わたしとしては少し空いた時間にスマホを見て、

ツイッターやネットニュースを見るのは、

空気を吸うくらい自然なことなのです。

 

今だってこのブログを書いていて、

PCの調子が悪くフリーズしました。

 

その30秒くらいの間でも、

ツイッターでニュースの見出しを

10個くらいチェックできます。

 

 

クセ付け

 

先ほど話に挙げた彼とわたしは、

そんなに「自分の使える時間」に

違いがあるでしょうか?

 

逆に、恐らくわたしの方が忙しいです。

 

単純な労働時間も彼より長いです。

 

しかし、圧倒的のわたしの方が仕事は早く

そして情報収集量も圧倒的に上です。

 

たとえば、先ほどの「トイレに立った3分」

こんな時間は1日に10回以上あます。

 

たとえば、

・トイレに入っているとき

・テレビのCM

・電車の待ち時間

・タクシーに移動時間

 

仮に、1日10回×3分×365日だと、

10,950分もの時間を捻出できます。

つまり、スキマ時間に「癖付け」するだけで、

1年間で182時間もの時間を生み出させるのです。

 

 

1日45分をつくろう

 

前のブログでも言いましたが、

1日45分の時間をつくりましょう。

 

 

それは生産性を上げることや、

自分のスキルアップにつながることです。

 

たとえば、

・情報収集

・ブログ作成

・興味のある仕事人のブログチェック

・などなど

 

何でも良いです。

 

将来自分が「稼げる人間」になるために、

1日45分の時間を生み出す「意識」をしてください。

 

細切れの時間で良いんです。

正確に測らなくても良いんです。

 

とにかく最初は「45分」を命題にしてみてください。

そのうち体が勝手に動いて、生産性の高い体になっています。

 

つまり、45分という短い時間で、

最大限のパフォーマンスを発揮できるようになっています。