イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

情報弱者はSNSに注意

 f:id:ikinahito-ci:20170131071532p:plain

 

先日こんな芸能ニュースを見ました。

 

田村亮  狩野会見を擁護で誤爆

http://www.j-cast.com/2017/01/21288666.html?p=all

 

簡単にいうと

・狩野さん淫行事件に対して

・田村亮が「狩野は悪くない」「弱小事務所はたたくのか」

匿名で投稿(abema TV のコメント欄にて)

ツイッターに連動されたため田村亮と分かる

・すぐに削除

という流れです。

 

別に内容自体には興味はありません。

 

しかし、ここで大事なのが

「abema TVのコメント欄がツイッターに連動されていた」

ということを知らずにコメントしていたという点です。

 

 

情報弱者

 

良くこのブログで

「情報弱者は損をする」と言っていますが、

まさにその典型だと思います。

 

わたしなんかはSNSと

そのようなネットTVのコメント欄が

連動していることは予想できます。

 

それは、普段からツイッターをイジッていて、

何かに連動しているコメントを良く読んでいるから。

 

「あ~インスタとツイッター連動させてるな~」とじゃ

ネットニュースのコメント連動してるんだ~」

とか思うワケですよ。

 

同時に「危険だな~」とも。

 

 

SNSは危険

 

今回の田村亮さんのコメントは、

世間に叩かれる内容ではなかったです。

 

しかし、コメントの内容が

「いいな~」

「○○(記者名)ホント嫌い」

「狩野はクスリもやってるからな~」

 

などの問題発言であれば、

狩野さんと同じく謹慎処分でもおかしくありません

 

それだけSNSは危険であり、

注意して扱わなければいけないのです。

 

 

わたしたちは更に危険

 

わたしたちは更に危険です。

 

お笑い芸人さんが毒を吐けば、

それを「笑い」に変えられます。

 

しかし、わたしたちの場合には、

プライベートな友人やクライアント

社内の人がSNS上にいます。

 

そんな人たちに、下品な投稿を見られた日には

会社に行くのも嫌になるくらいの状態です。

 

しかもSNSはデフォルトで連動していることもあります。

 

そうとは知らずに裏アカウントでつぶやいて、

別のSNSに連動・・・なんて話もあり得ます。

 

情報弱者は思わぬところでも損をする。

今日はそんなお話でした。