イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

やりがいを作ろう

f:id:ikinahito-ci:20170129112045p:plain

 

仕事はダルいものではあります。

 

もちろん楽しいこともありますが、

毎日毎日、最高のモチベーションで

仕事に向かうことは中々難しいです。

 

ただ、人生の大部分を占める「仕事」なので、

なるべく楽しい気持ちで臨みたいものです。

 

やりがいを作ろうというタイトルにしていますが、

要は「やりがいと思い込もう」という話です。

 

 

無理やりで良い

 

たとえば、フリーライターのわたしであれば、

「世の中を変えるためのコンテンツ制作」

を目的にしています。

 

それは、

「独立しても一人で生きられる人間」

というなりたい自分から逆算しました。

 

 

そのような人間になるためには、

「価値のあるコンテンツを生み出す」

というのが大事だと思っているからです。

 

ただ、これは正直に言うと「無理やり」ではあります。

 

実際には残念ながら

「まだ」そこまでのコンテンツはできていません。

 

しかし、逆にいうとコンテンツ制作をつづけ、

一応それだけで食っていけるようになったのは、

無理やりでもこの目標を立てたからです。

 

大事なのは「無理やり」でも良いので、

やりがいを言語化して想うことです。

 

 

そんな高尚ではない

 

たとえば、不動産業界にいた時代。

 

たしかに

「住宅を購入した人に安全な住まいを」

「会社のブランド向上のため」

などは思っていました。

 

多分、大体のビジネスマンも、

色々な思いを持っています。

 

しかし、そんなことは忘れてしまうこともあります。

 

そんな高尚な思いだけで仕事はできません。

 

お金も稼ぎたいですし、

サッサと帰りたいときもあります。

 

そのため、そのような「想い」は、

「きれいごと」と思う瞬間も出てきます。

 

しかし、それで良いんです。

 

ボランティアで仕事しているワケではないので、

高尚な想いだけでやってはられないです。

 

大事なのは「無理やり」でも良いので、

とりあえず「やりがい」を作り、

言語化すること。

 

そして、それを「無理やり」想い続けることです。

 

極論いうと「嘘が真」にもなりますよ。