イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

1,500冊ビジネス書を読んだ「厳選50冊」 vol5.「ゼロ秒思考」

f:id:ikinahito-ci:20170124104931p:plain

 

 今回紹介する本は、

「ゼロ秒思考」です

 

アマゾン:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 楽天 :ゼロ秒思考 [ 赤羽雄二 ]

 

作者は「赤羽雄二」氏です。

 

赤羽氏はマッキンゼーを経て

独立されているコンサルタントです。

 

ゼロ秒思考を読んで実践すれば

頭の回転が速くなる

・物事を整理しやすくなる

瞬時に思考ができる

 

わたしもゼロ秒思考は今も行っています。

 

この本に出会ったキッカケは、

わたしが2社目に転職したときです。

 

2社目の周囲のレベルが非常に高かったからです。

 

どうにかして「思考する力」を上げたいと思い、

本やらいろいろ探していました。

 

そんなときに、この本に出会いました。

 

この本はゼロ秒で思考する方法だけでなく、

その具体的なやり方、継続するコツ

などが書いてあります。

 

ここに書いてある方法は実践的かつ継続しやすいです。

 

 

思考法

 

「頭が良くなる」

「ゼロ秒で思考できる」

 

少し抽象的ですね。

 

「頭が良い人」にも種類があります。

 

たとえば、

記憶力が良い人

アイデアがどんどん出る人

話を整理するのが上手い人

物事を深く考えることが得な人

 

本書は上記の中でも後半2つが鍛えられます。

(ちなみに、わたしが実践して感じたことです)

 

この本に書いてあることを実践すると、

自分の頭の中が瞬時に整理できるようになります。

 

また、その「整理」のレベルが高く、

いつもの何段階も深い階層まで考えられます。

 

 

メモを書く

 

本書に書いてある「思考を鍛える方法」は

結論から言うと「メモを書く」ことです。

 

たとえば、「仕事が早くなるコツは?」とタイトルを付け

頭に思い浮かんだものを箇条書きにしていきます。

 

そして、そのタイトルの下に解決策などを書いていきます。

 

詳しくは本書を読んで欲しいのですが、

1日3分もあれば終わりです。

 

しかも、思いついたときならいつでも良いのです。

 

この本のすごいところはココにあり、

簡単で継続的である点です。

 

この方法は岡田氏が書いてある

「あなたを天才にする『スマートノート』」

少し似ているかもしれません。

 

 

アマゾン:あなたを天才にするスマートノート

 楽天 :あなたを天才にするスマートノート [ 岡田斗司夫 ]

 

いずれにしろ天才である2人が薦めている思考法ですので、

間違いはないと思っています。

 

 

訓練をしていない

 

本書にこのような一文があります。

 

深く考える訓練

真剣に考える訓練

日本ではこのような訓練は行われない

 

まさにその通りだと思います。

 

思考するというよりは、

「型にはめて考える」のが教育です。

 

ただ、残念ながら仕事は違います。

 

まさにゼロから思考する必要があり、

「考えること」の大切さを知る瞬間が来ます。

 

業種や職種にもよりますが、

マンションを売っていようが

採用のコンサルタントをやろうが、

「考える力」は間違いなく必要です。

 

それを社会人になったときに痛感して、

頭良くなりたいけど今さら無理だよな・・・

と思っている人は結構多いと思います。

 

 

ウェイトトレーニングと同じ

 

しかし、本書ではこうも言ってます。

 

「考えることはウェイトトレーニングと同じ」

 

つまり、考えることは「鍛えること」で成長できます。

その方法がまさに本書には書いてあるのです。

 

さきほど「2社目で周囲のレベルが高かった」と言いました。

 

わたしも正直言うと、

「頭の良し悪しは天性のもの」と割り切って、

違う「勝てる部分」を見つけようとしていました。

 

当然、わたしならではの強みを生かすことも大切です。

 

しかし、「思考する能力」を鍛えられるのなら、

誰だって鍛えたいと思いませんか?

 

わたしが実践した上での良書なので、

悩んでいるビジネスパーソンには本当におススメですよ。

 

この記事のどこかに引っかかった人は、

ぜひ「ゼロ秒思考」を読んでみてください。

 

アマゾン:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 楽天 :ゼロ秒思考 [ 赤羽雄二 ]