読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

フリーライターは副業としておススメ

f:id:ikinahito-ci:20170122111528p:plain

  

最近では副業可の企業は増えてきました。

 

「働き方改革」を掲げている以上、

副業などの新しい働き方は今後増えていきます。

 

また、日本の企業は今までも、

色々な働き方を導入していたと思います。

 

たとえば、

・フレックス

・ノー残業デー

・時短勤務

・在宅勤務

などなど

 

しかし、「絵に描いた餅」とばかりに、

中々実践できていない企業が多かったのも事実です。

 

ただ、これからはこのような働き方が

今後は間違いなく浸透して

実践されていきます。

 

 

副業は何をする?

 

では、実際に副業で何をするか。

 

私の知り合いで副業をしている人は、

少ないながらも数人います。

 

その人たちが行っている副業は

こんな感じです。

 

・不動産会社の営業マン

ホームインスペクション(建物検査)

 

・ITエンジニア

フリーでのエンジニア

 

・生命保険の外交官

物販(せどりやヤフオクなどの転売)

 

このような副業も良いとは思います。

 

本業と少なからず繋がっているため、

効率的な副業だとは思います。

 

しかし、この人たちにまずおススメする副業は

「フリーライター」です。

 

理由は、

割と簡単に稼げる

スキマ時間で稼げる

 

 

クラウドソーシング

 

たとえば、クラウドワークスやランサーズ

このような「クラウドソーシング」

言われるサイトがあります。

 

結論から言うと、

わたしはランサーズの方が良いと思います。 

 

これらのサイトは自分で仕事を探して、

報酬や納期などの条件が合致した仕事を納品して

報酬をもらうという仕組みです。

 

このサイトで「ライティング」というカテゴリーがあります。

このカテゴリーで検索をすれば、

自分が書けそうな記事がいくつかあるはずです。

 

 

専門的なライティング

 

専門的なライティングをすれば、

クラウドソーシングでも

時給2,000円~3,500円くらい

稼ぐことは可能です。

 

ランサーズで稼ぐコツはコチラ 

 

たとえば、不動産営業マンなら

・マンション売却に必要な3つのポイント

・媒介契約とは何?お得な契約は?

・少しでも不動産を高く売る方法は?

 

たとえば生命保険の外交官

・FPが語る。今後のライフプランを組むコツ

・老後資金を蓄える3つのポイント

・財形の仕組みを知ろう

 

このような記事なら割と簡単に書けます。

 

慣れてくれば1,000文字20分で書けます。

仮に1文字1.2円まで単価が上がれば、

時給3,600円の仕事です。

 

 

スキマ時間で問題ない

 

フリーライターを副業で進めるもう一つの理由は

「スキマ時間」の活用です。

 

パソコン1台で出来ますし、

もっというとスマホでもできます。

 

たとえば、

・マンション売却に必要なポイント

という記事を書くとします。

 

記事を書くときのポイントは

1.構成を考える

2.見出しごとに書く

3.最後に校正する

 

つまり、小分けに書くことが出来るのです。

 

たとえば、

1.通勤中にスマホで構成を考える

2.昼休みの30分で見出しを一つ書く

3.打ち合わせ前の5分で構成

などなど

 

これをエバーノートDROP BOXで共有すれば、

スマホでもPCでも共有できます。

 

 

さいごに

 

このように、副業するならフリーライターはおすすめです。

 

わたしのおすすめは「ランサーズ」なので、

興味を持った人はランサーズを使ってみてください。

 

単価に関しては、最初は低いです。

しかし、1~2か月も頑張れば

単価はどんどん上がっていきます。

 

先ほど貼った記事のリンクを貼っておくので、

是非トライしてみてください。