読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

就活生との話~情報収集について~

f:id:ikinahito-ci:20170117111055j:plain

 

昨日、仕事の関係で就活生と話す機会がありました。

 

男性3名、女性2名と個別で

1人1人と1時間強話しました。

 

何を話したかというと

・どのように就活しているのか?

・未来のビジョンは描いているか?

・何か勉強や対策はしているか?

・行きたい企業はあるか?それはなぜか?

 

色々書きたいことがあるのですが、

今回は1つだけ。

 

「情報」についての話です。

 

 

勉強家

 

昨日話した5人の学生に共通して思ったのは、

「みんなすごい勉強家だな」ということです。

 

筆記試験対策や面接対策はもちろん、

新聞やニュースなどにも積極的に触れています。

 

5人の学生全てが

「就活はじまるので一応日経新聞とりました」とのこと。

 

それ自体は良いことだと思いましたが問題はこの先。

 

「正直、読んでも理解できない・興味ないことばっかりです。」とのこと。

 

 

自分には関係ない

 

確かに学生時代に

日経新聞を読んでもピンときません。

 

それは実体験がないからです。

 

たとえば、私であれば以下のようなニュースに興味があります。

不動産関係の記事

日経平均株価に関連すること(為替やFRB動向、各社決算)

就活や転職に関連すること

フィンテック関連

などなど

 

しかし、これは「仕事につながる」という目的があるからです。

 

学生のうちは働いていないので、

「マンション価格が下落?ふーん」

「日経平均は2万円回復しそう?ふーん」

で終わってしまいます。

 

正直、その情報を得ても自分には関係ないのです。

 

仕事に活かせるワケでもなく(そもそも仕事をしていませんが)、

どの情報を得れば就活に有利か分かりません。

 

 

就活に情報収集は必要?

 

色々な意見がありますが、

就活が始まったからと言って、

日経新聞を読み始めてもあまり意味はないと思います。

 

しかし、今後のために就活生のころから

「情報に触れておく」ことは大切です。

 

そもそも、就活生ではなく社会人10年目でも、

情報に触れている人と触れていない人は二極化します。

 

恐らく社会人10年目の人も就活生と同じこというでしょう。

 

「正直、読んでも理解できない・興味ないことばっかりです」と。

 

 

情報量が圧倒的に足りない

 

答えは単純で、情報量が圧倒的に足りないだけ。

 

たとえば、

「マンション価格が頭打ち。オリンピックまで高騰するか?」

という記事があったとします。

 

これは「点」の情報なので、

この情報だけでは意味がありません。

 

しかし、

・オリンピック特需により建築ラッシュ、結果的に建築費が上昇

・また過去には中国のプチ不動産バブルもあり、そのときも建築費が上昇

・オリンピック景気、アベノミクスで表面的に消費者マインドの上昇

 

などなどマンション価格が上がった背景があります。

 

これを理解して、はじめて点と点が線になります。

 

さらに

過去のオリンピック開催国の不動産動向

・今後建築費が上がるリスク

・GDPや日銀短観による今後の景気動向

 

などなど少し違う毛色が違う情報があれば線が面になります。

 

情報とは「線」や「面」になって、

はじめてアウトプットできるくらいのレベルになるのです。

 

 

情報を浴びる意味

 

ホリエモンも「情報を浴びろ」と良く言います。

 

まさにこれは、「点をたくさん持て」という意味です。

 

点(情報量)をたくさん持っていないから、

線や面にならずに結局「分からない」となるのです。

 

さきほどの就活生が良い例です。

 

だからこそ、就活生が無理に情報を得ようとしないで良いのです。

 

なぜなら、半年程度情報を浴びたからと言って、

点が爆発的に増えるワケではないから。

 

点が線になっているころには就活は終わっています。

 

もちろん、今後の社会人生活のために、

就活生が情報収集をして「点」を増やすの良いことです。

というか、それは行うべきです。

 

しかし、それを「就活のため」と考えると、

浅い知識で頭でっかちになります。

 

少しだけ知識を得て面接でそれをアウトプットすると、

確実にボロが出てきます。

 

わたしは、そんな就活生を何人も見てきました。

 

とにかく、「情報を浴びる」ことが大切。

なぜなら、「点」をたくさん作れるから。

点をたくさん作れば情報がつながり「線」や「面」になる。

線や面になって、はじめてアウトプットできるレベルになる