読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

大学進学や資格取得は意味がない

f:id:ikinahito-ci:20170115153030p:plain

 

 

大学へは行くべき

資格は取得すするべき

 

基本的にはこのような考えですよね。

 

わたしも大学へは行ってますし

資格も持っています。

 

だからこそ

大学進学や資格取得には

「本質的に意味がない」と思っています

 

 

大学進学した後

 

たとえば、いわゆる「良い」大学に入ったとします。

 

その大学に通った多くの人は、

「良い」企業に入ろうと思うはずです。

 

事実、たとえば早慶以上の「良い大学」の入学者。

この人たちの就職先を見れば分かりますよね。

 

当然、いわゆる「良い」企業への入社者が多いです。

 

 

世間と大学

 

この理由は2つあります。

 

まずは世間的なステータスが高く、

収入も高いとなっているからです。

 

2つ目は大学側が入学者獲得のために、

「この大学に行けばこんな良い企業に行ける」

と世間に思わせたいのです。

 

事実、学生サポートの体制は、

「自分のしたいこと」というよりは、

「この会社は○○が良い!」という視点で進めます。

 

つまり、「学生側がそうしたいか?」という

視点ではないということです。

 

 

何が悪いのか?

 

別に大企業に行くことが絶対悪だとは言いません。

ただ、大企業はこんなデメリットがありますよ。 

 

わたしが言いたいのは、

盲目的に「大企業」を選ぶな

ということです。

 

良い大学に行ったのだから、

良い企業に行かなくてはいけない。

と思う人は多いと思います。

 

それは、自分自身がそう思っているパターンもありますし、

「周りがそう」「親がそう」というパターンも多いです。

 

つまり、良い大学に入ると、

まわりに流されやすく、

「自分で考える」ということをしなくなるのです。

 

 

自分で考える

 

わたしはブログで何度も言っていますが、

「なりたい自分」をきちんと考えましょう。 

 

大学に行く本当の意味は、

「なりたい自分」を見つけるためです。

 

大学でプロ並みにスポーツに打ち込む

ゼミで何か1つのテーマを掘り下げる

色々な講義を受けてたくさんの知識を深堀する

 

とにかく何か「頑張った」と思うことをする。

 

それが「なりたい自分」を見つけることにつながります。

 

これこそが大学に行く「意味」です。

 

しかし今は、良い企業にために

良い大学に行くというイメージがあります。

 

 

資格も同じ

 

資格も同じです。

 

特に士業といわれる資格は難関取得です。

司法書士

税理士

公認会計士

弁護士

などなど

 

しかし、彼らですら今の時代「安泰」ではありません。

 

また、今後はどんどんAIに取って代わられるでしょう。

 

事実、AIではなく会計ソフトにすら、

既に税理士の仕事は奪われています。

 

弁護士も10年前に比べると、

価値は圧倒的に落ちています。

 

事実、収入も下がっており、

弁護士だから食えるという時代ではありません。

 

しかし、資格取得者は、

どうしてもその資格に依存してしまいます。

 

 

稼げる方法はたくさん

 

今の時代は稼げる方法はたくさんあります。

 

たとえばクラウドソーシング 


特に資格がなくても、

1文字1円くらいの単価は稼げます。

  

これが士業の人であれば、

恐らく単価は1文字2円~3円くらいだと思います。

 

1日2,000文字の記事は40分くらいで書けます。

つまり、時給6,000円です。

 

本業よりも稼げる人はいるのでは?

 

しかし、士業に頼っていると、

このように稼げる「手段」すら知りません。

 

これは大企業に勤めている方にも言えます。

 

 

さいごに

 

確かに今の時代は、

未だに学歴で判断されます。

 

事実、就職活動のアプローチは、

大学別で「閲覧できる範囲」や

「メールを送る範囲」を選別しています。

 

しかし、この時代は間違いなく終わってきます。

 

もっと「本質」を見極める採用に変わります。 


その時代が来るのに、

学歴や資格頼っている。

 

この状態は非常に危険です。