イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

年始に目標は立てるな

年始に目標を立てる人は多いと思います。

 

たとえば、

・本を年間50冊以上読む

・会社で社長賞をとる

・営業マンでトップの成績をとる

などなど

 

しかし、わたしはこの記事でもいっていますが、

中長期の目標は立てない派です。 


 

期待値が高いほどガッカリする

 

何かで失敗したときや、

目標に届かったとときに、

ガッカリした気持ちになってことがあると思います。

 

なぜガッカリするか。

それは単純に期待値が高いからです。

 

・○○という風になりたい

・○○という目標を達成したい

・(相手に)○○という立ち振る舞いをして欲しい

 

この○○の期待値が高いほど、

○○が達成できなかったときにガッカリします。

 

 

性格による

 

一方、「期待値が高い方が良い」という人もいます。

 

その高い期待(目標)に向かって努力し続けることができる人。

 

成功を収めている人の中で「アウトプット(本を出すなど)」が好きな人には、

このような「期待値が高い方が良い」というタイプが多いように思います。

 

つまり、世の中に「中長期目標を立てろ」的な本や記事が多いのは、

そもそもそのようなことを主張する人はアウトプットが好きなのです。

 

逆にいうと、私のように中長期の目標を立てる必要がないと思っている人は、

アウトプットしていないだけで一定数いると思います。

 

しかし、情報収集をすると、

何だか「中長期目標を立てろ」

と主張している人の方が多い。

 

そのため、盲目的に「中長期の目標を立てなくては」という人も多いです。

 

しかし、性格的に「中長期の目標を立てる」ことが合わない人は、

それが達成できなくてガッカリするのです。

 

 

年始の目標を立てるな

 

さきほども紹介したこちらの記事で

 

性格的に中長期の目標を立てるのは合わないと思ったら、

年始に目標を立てるのはやめましょう。

 

目標は短期で良いのです。

 

それこそ、今日、今週、今月

その積み重ねが勝手に長期の目標をつくっています。