イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

インフルエンサーの影響力  

f:id:ikinahito-ci:20161228053034j:plain

 

インフルエンサーとは、

特定分野に詳しい専門家や

ネット上などで強い影響力持つ個人などを指します。

 

芸能人、財界人、知識人、政治家など、

たくさんの種類の人たちがインフルエンサーといわれます。

 

今ではSNSが盛んなこともあり、

一般人でもインフルエンサーと呼ばれる人は多いです。

 

たとえば、イケダハヤト氏

 

イケダハヤト氏は芸能人でも政治家でもありませんが、

ツイッターのフォロワーは7.5万人を超すほど、

注目度が高い人です。

 

ブログ一本でサラリーマンの平均収入の数倍にあたる

お金を稼いでいる人物になります。

 

 

今後は「個」としての存在感が重要

 

情報が溢れかえる世の中、

何を信じて良いか分からなくなります。

 

特にネットニュースなんかを鵜吞みにすると

意識操作をされてしまうので要注意です。 

 

しかし、反面「個人」にとってはチャンスともいえます。

 

 

新聞の次にイキナヒトのブログ

 

たとえば、わたしがインフルインサーになり、

いろいろな人からの信頼を勝ち取ったとします。

 

そうなれば、「イキナヒトがいうことは信頼できる」

と思ってくれる人が多くなります。

 

すると、「新聞の次にイキナヒトのブログ」

信頼のおける「メディア」になるかもしれません。

 

既に先ほどいったイケダハヤト氏や、

たとえば堀江氏なんかも

この状態に近いと思います。

 

イケダハヤト氏がブログでおススメしたものや、

ツイッターでのつぶやきに納得性を感じて、

思わずリツイートしていることが多いことがそれを証明しています。

 

堀江氏もメルマガ購読者数が軽く1万を超えている状況です。

 

実はわたしも購読していますが、

それは堀江氏の意見を吸収したいからです。

 

堀江氏の意見を得ることができれば、

ニュースから情報を得る何倍も意味があると思います。

 

 

「個」を磨く

 

前にブログで「大企業は『個』を磨きにくい」と書きました。 

 

しかし、先ほどいったように、

これからどんどん「個」で力をつけていくべきで、

個人で力をつければ稼ぐことができます。

 

逆にいうと、いつまでも会社に依存している人は、

「個」として稼ぐ力を持てなく淘汰されるでしょう。

 

「絶対に転職をしろ!」というワケではありませんが、

もう一度「なりたい自分」を見つめなおすことをおススメします。

 

あなたは今の会社にいて、

10年後「個」として稼げる人になっていますか?

 

その未来が描けなければ環境を変えることは大切なことです。