読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

稼ぎたいなら「ハマれ」。ハマりたいなら「情報を浴びろ」※リライト版

f:id:ikinahito-ci:20161224050036p:plain

 

まだまだ道半ばですが、

40記事目を記念(?)して、

反響の多かった記事をリライトします。

 

この記事に共感したら、

堀江氏の「99%の会社はいらない」がおススメ。

 

結論から言います。

 

稼ぐために一番必要なこと。

それは、「ハマる」ことです。

 

そして、ハマるためには

情報を浴びることが大切です。

 

私がフリーランスになったのは、

ちょうど2年ほど前のことです。

 

当時29歳でした。

 

それからすぐに、サラリーマン時代の月収を上回り、

2015年には1,300万円の年収を突破しました。

 

私はフリーランスになってから、

フリーライターをメインに

活動しております。

 

実に色々なことをやりました。

 

「稼ぐ」ことで考え得ることは

全てやったのでは?

と思うほどです。

 

改めて・・・

そんな私が「稼ぐため」に必要と思うことは・・・

 

 

ハマる

 

ということです。

 

どういうことかというと・・・

 

基本は特別なスキルや

知識がない限りは、

そう簡単には稼げません。

 

色々なことにトライして、

色々な失敗をしなければ

稼げないのです。

 

例えば・・・

 

 

 

一時期は鬼のように負けましたが、

2016年はトータル380万円くらい

利益が出ています。

 

そんな株取引で私がしたことは、

とにかく勉強です。

 

総勉強時間は

ゆうに500時間

超えているのではないでしょうか。

 

本物のデイトレーダーの人から

すれば「当たりまえ」のレベルだと

思いますが・・・。

 

具体的には

 

・本の購読20冊以上

・ネットからの情報

・オンラインでの株講座の受講

・ひたすらチャートを見て分析

 

勉強方法は色々ありますし、

今思うと本は読みすぎて

無駄だったと思います。

 

一時期は、9:00~15:00まで

ずーとチャートを見ていた時期もあります。

 

それが出来たのも、株にハマれたからです。

 

 

なぜハマれたか

 

このような話を聞くと、

「すぐに飽きる」

「ハマることができない」

 

という人が言います。

 

その気持ち・・・分かります。

 

私もかつてはそうでした。

そんな私がなぜハマれたかというと・・・

 

 

情報を浴びたから

 

「ハマることができる」

「情報を浴びる」

 

この2つは、

間違いなく蜜月な関係があります。

 

どういうことかというと、

 

情報を浴び、情報を得ていると、

アンテナが高く広く立ちます。

 

たとえば、株をはじめてから、

日経やモ-サテをチェックすることが

すごく楽しくなりました。

 

そこから派生して

FXや投資信託も学びました。

 

この経験は、

今のフリーライターの執筆にも

大いに生きています。

 

そのように、情報を得ると、

色々なことに派生していきます。

 

そして、株自体も情報を得ることで

どんどん面白くなります。

 

たとえば、

・別の手法の情報を得た

・有名トレーダーのブログで刺激を受けた

・ニュースを見て自分の読み通りに株が動いた

 

などの副産物が得られます。

 

その副産物が得られるので株にハマれるのです。

 

 

とにかく情報を浴びよう

 

とにかく情報を浴びてください。

 

浴び方が分からない人は、

とりあえず無料のニュースキュレーションを

ダウンロードしてください。

 

・ラインニュース

・ヤフーニュース

・グノシー

・ロイター

・TWITER(ニュースをフォロー)

などなど

 

無料で得られるニュースは無限にあります。

 

それを、流し読みすれば良いのです。

 

今のニュースキュレーションは優秀なので、

極端な話、見出しだけで大体わかります。

 

そして、興味のある記事は熟読すれば良いのです。

 

それがハマる事につながり

 

結果的に稼ぐことに繋がります。

 

つまり、稼ぎたいのであれば、

情報を浴び、色々なことにハマる

 

これだけです。

 

この記事に興味を持ったら

2016/12/23に紹介した

堀江氏の「99%の会社はいらない」がおススメ。