イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

「良いところに住んで自分を高める」は嘘

f:id:ikinahito-ci:20161222232724p:plain

 

ビジネスマンの世界ではあまりないですかね。

 

よく芸人さんの世界では

「良いところに住め」といわれるそうですね。

 

単純に背伸びした家に住めば、

そこに「住み続けるため」に頑張るから。

 

これは確かに一理ありますよね。

 

自分を追い込むことによって、

本来以上の力を発揮するアレですね。

 

まぁ良くある話が

良い時計をつけろ

良いスーツを着ろ

良い財布を持て

 

とかビジネスの世界では

ファッションに関係するものが多い気がします。

 

まぁいずれも「身だしなみ」的な要素が含まれますが、

少なからず「良いもの」を身に着けて、

自分を高みに持っていくという意図もあります。

 

 

全て無駄

 

それら全ては、はっきりいって無駄です。

 

新入社員が数十万円もする時計を買っても、

それに見合ったリターンはありません。

 

なぜなら、サラリーマンの収入には限界があるから。

 

たとえば、あなたが日系の大手金融機関に

入社したとします。

 

あなたは1年目で年収1,000万円に

到達することはできますか?

 

100%不可能でしょう。

 

1年目で年収1,000万円に到達するには、

外資系の金融やコンサル、IT、成果主義企業

そして、起業や独立くらいしかありません。

 

そんな状態であるのに、

高いものを身に着ける意味

はっきりいって全くないのです。

 

芸人さんは成果主義企業のようなものです。

今年年収が100万円でも来年2,000万円に

なることも不可能ではない業界なのです。

 

しかし、サラリーマンは根本的に違うのです。

 

 

自分への投資

 

それよりも、自分への投資に使った方が確実に良いです。

 

自分への投資なんてたくさんあります。

 

大量の書籍を購入

・興味のあるセミナーへ参加

サロンなどへの入会

株やFXなどを体験してみる

・せどりなどの副業を行う

 

などなど。

 

適当に挙げただけでもたくさんあります。

 

たとえば、50万円の時計を買ったとします。

 

確かに最初のうちは、テンションは上がるでしょう。

会社でも話のネタとして1週間くらいは持ちます。

 

しかし、1週間も経てば自分自身も周りも

その時計に対しての興味は一気に薄れます。

 

 

全てのモノが一緒

 

これは時計限ったことではありません。

スーツだろうが財布だろうが一緒です。

 

50万円の時計を買うくらいなら、

50万円分の株を買った方が50倍良いです。

 

・どの株を買うか?

・どうやって買うか?

 

なんてことを色々調べていくうちに、

色々な知識が頭に入ります。

 

そして、一度「株の知識」が頭に入ると、

株や金融関係のアンテナが立ちます。

 

そうなると、情報収集をしているときに、

勝手に株や金融の情報が頭に入ってくるのです。

 

そこからまたアンテナが増えますし、

株で成功すれば単純に収益源が増えます

 

 

株は例え話

 

株は例え話です。

 

セミナーにいけば、また違うアンテナが立つでしょうし、

書籍を読んでも違うアンテナが立ちます。

 

そのアンテナの数が情報の吸収力に比例し、

情報の吸収力がビジネススキルに比例します。

 

そのため、良いモノを買うくらいなら、

自分に投資をした方がよっぽど良いです。

 

ちなみにおススメのビジネス書はコチラ

www.ikinahito.net