イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

仕事する時間を増やしたい。睡眠の適正時間は人によって違う

 

結論からいうと、

仕事する時間を増やしたいから

睡眠時間を削るのは愚の骨頂です。

 

なぜ睡眠時間を削るという

選択肢が生まれるか?

 

それは、ショートスリーパー

人がいるからです。

 

たしかに実際にショートスリーパーの人はいます。

 

有名な方でいうと、

幻冬舎社長の見城徹氏

作詞家の秋元康氏

 

このお2人のエピソードを聞く限りだと

ショートスリーパーだと思います。

 

 

周りにいる

 

わたしの周りにもショートスリーパーの人はいます。

 

わたしも会社員だったころは

1日3~4時間睡眠で

何日も働いたことはあります。

 

しかし、今振り返ってみると、

一日6時間きっちり寝た方が

効率よく仕事できたのでは?とも思います。

 

そのため、睡眠時間を削るのは最終手段。

100%集中力が落ちます。

 

それよりもきちんと寝て

時間を効率化する方が

100倍大切です。

 

 

大事なのは時間の効率化

 

ホリエモンこと堀江貴文氏も

睡眠時間については

同じようなことをいっています。

 

これはもう激しく同意です。

 

大事なことは睡眠時間を確保するために

時間をいかに有効活用するかということです。

 

 

コツ①情報収集のルーティーン

 

時間を効率化するための1つ目のコツは

情報収集のルーティーンです。

 

仕事の中にはいろいろな要素がありますが、

その中で情報収集が最も時間を効率化しやすいです。

 

情報収集のルーティーンとは、

情報収集媒体と方法を決めておくことです。

 

たとえばわたしの場合

①スマホでツイッター

②アイパッドで日経

③スマホでニュースキュレーション

 

みたいに情報収集の優先順位と

何の端末で見るかを分けています。

 

このような形で自分の中で決めておけば、

少し手が空いたときに

自然と情報収集しています。

 

たとえば、

・パソコンが立ち上がるまで

・タクシー乗車中

・テレビのCM中

などなど

 

たとえ1つ1つの時間が40秒でも、

1日10回あれば400秒(7分弱)です。

 

しかも短時間なので

逆に効率よく時間を使えます。

 

ほかの情報収集方法についてはコチラ

リンク

 

 

コツ②連絡とミーティング

 

時間を効率化するための2つ目のコツは

連絡とミーティングです。

 

これは簡単です。

 

連絡はメールやライン、チャットワーク

ミーティングも同じく&スカイプなど。

 

とにかく連絡に電話はつかわず、

ミーティングは極力外出しません。

 

 

電話を使わない理由

 

・自分のリズムが崩れる

・作業手を止める必要がある(集中力途切れる)

・テキストの方がわかりやすい

 

緊急の内容でもないのに、

自分の集中力が途切れるのが

本当に嫌なんです。

 

メールやチャット、ラインで十分。

 

話が下手な人だと電話だと

理解するまでにメチャクチャ時間かかる

 

ホリエモンこと堀江貴文氏も

同じようなことを言ってました。

 

 

ミーティングで外出しない理由

 

・直接会う意味がない

・外出時間が無駄

 

もちろん直接会って話すこともあります。

しかし、直接会ってミーティングをする必要がない

そんなミーティングもたくさんあります。

 

また、外出時間も無駄です。

 

ドアドア1時間だとしても

準備する時間や集中力が途切れる時間

意外と結構あるものです。

 

 

睡眠時間をつくる

 

仕事をしていれば、

睡眠時間を削らざるを得ないこともあります。

 

しかし、その前に考えてみてください。

もっと時間を効率化できませんか?

 

・そのミーティングは必要ですか?

・その移動時間で何かできませんか?

・電話をした後集中力切れていませんか?

 

1つ30秒節約できるだけでも良いんです。

その積み重ねが効率化を生み、

睡眠時間を生み出します。

 

また、その睡眠時間が

さらなる効率を生むのです。