イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

就活生&転職者に告ぐ。「体育会の長所と短所」について

 

採用をやっていると

「体育会系は良いね」

「やっぱり体育会系は礼儀ができている」

 

など体育会系の社員に対して、

良い評価をしている企業が多いです。

 

実はわたしも体育会系出身です。

 

体育会系であるというだけで

得をしたこともありますし

損をしたこともあります。

 

実は、今まで

「なぜ体育会系が良いか?」を

きちんと語ってある記事を見たことがありません。

 

そこで今回は、

自分自身も体育会系である

+採用コンサルタントである

 

という2つの強みを生かして、

体育会系の長所と短所を語ります。

 

就活生と転職者で体育会系の人は、

自分のプロフィールをまとめる上で

ぜひ参考にしてください。

 

 

長所①やり切る力

 

体育会系の長所の一つ目は、

「やり切る力」です。

 

特に、大学のトップレベルの学生は、

量と質の問題はあるものの、

1度くらいは「やり切った経験」があります。

 

それは「練習に行き続けた」かもしれないですし、

「レギュラーを守るために努力し続けた」

かもしれません。

 

しかし、いずれにしても、

社会出ればやり切る力は必要です。

 

体育会系だと「やり切った後」

を知っています。

 

やり切ったことのある人は、

やり切った後の成果や喜び

知っているのです。

 

そのため、仕事でも

「頑張る」ことが出来るのです。

 

 

長所②コミュニケーション能力

 

つづいての長所は、

コミュニケーション能力です。

 

体育会系は上下関係が厳しいので、

コーチや先輩にはそれなりに

気を遣う必要があります。

 

また、後輩もいるため、

どう後輩に接して指導するべきかを

学生時代から経験しているのです。

 

その経験から、

そもそも自分は周囲からどう思われるのか

周囲とどう接するのがベストなのか

が分かってくるのです。

 

そのため、社会人になっても

体育会系はコミュニケーション能力が

高い人が多いのです。

 

 

長所③メンタルの強さ

 

体育会系はメンタルが強い人が多いです。

 

わたしもそうでしたが、

体育会系に所属していると、

精神的的に厳しい場面が多いです。

 

コーチに怒られる

先輩に怒られる

という人に対するストレス

 

または、

 

上手くならない

レギュラーになれない

という実力的なストレス。

 

この「人」と「実力」的なストレスは

仕事でも全く同じです。

 

そのため、体育会系だと、

このストレスに対する耐性が出来ており、

メンタルが強い人間が多いです。

 

 

短所①疑うクセが付いていない

 

ここからが短所です。

 

最大の短所は、

上を疑うことクセがない

という点です。

 

体育会系はどうしても

「上のいうことは絶対」という風潮があります。

 

もちろん一昔前と比べると

その風潮も弱いですが、

いまだに上下関係は厳しいです。

 

それはある意味当然で、

上下関係が厳しくないと

チームとして成り立たないのです。

 

そのため、上の人に対して意見をいったり、

そもそも疑ってかかったりという意識が

体育会系だと少ないです。

 

悪く言うと盲目的に物事を見がちな点

最大の短所です。

 

 

短所②長時間労働

 

2つ目の短所は、

長時間労働になりやすい点です。

 

まず、体育会系の社員は

単純に体力があります。

 

そのため、長時間労働しても

体力的にできてしまうのです。

 

また、時間をかけるほど成果が出る

と思っている部分があります。

 

たとえば、筋トレや練習などは、

時間をかけるほど効果が出やすく、

さらに目に見えやすいです。

 

そのため、体育会系は

頑張れば成果がでる

思いがちなのです。

 

そこに効率を求める

マインドがあれば良いです。

 

しかし、そのマインドがなければ

長時間労働になりがちです。

 

 

短所③トップダウン

 

体育会系の社員は、

トップダウンになりがちです。

 

これは私もそうなので、

良く分かります。笑

 

体育会系の環境にいると、

ある意味楽なのです。

 

これやっといて

あれは〇〇で行こう

など

 

基本的には先輩やコーチが

物事の方針などを決めます。

 

そのため、その指導法に慣れてしまうと、

指示がトップダウンになりがちなのです。

 

この「指示」に関しては、

先ほどの「コミュニケーション能力」

のように長所にしている人もいます。

 

体育会系の社員は、

この後輩へのコミュニケーションが

上手いかどうかは人によって変わってきます。

 

 

さいごに

 

このように、体育会には

長所も短所もあります。

 

就活性や転職者で体育会系の社員は、

上記の長所をアピールし、

短所を補った経験を考えましょう。

 

体育会系の長所と短所を考えることは、

就活や転職活動に良いことです。