イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

記憶力を高める方法は簡単!体系化しないクセをつける

 f:id:ikinahito-ci:20161224061422p:plain

 

「記憶力がもっとあれば・・・」

と思ったことがある人は多いと思います。

 

私も昔は記憶力に自信がありませんでした。

 

しかし、「体系化しない」クセをつけることによって、

記憶力に自信が出たのです。

 

正直、記憶力抜群の人にはかないません。

 

たまにいませんか?

信じられないくらい記憶力が良い人。

 

あれは才能です。諦めましょう。

 

しかし、ある程度「近づく」ことはできます。

 

 

仕事ができる人

 

まわりの出来る人を思い返してください。

記憶力が悪い人はいますか?

恐らくいないと思います。

 

記憶力=仕事が出来る

というワケではなりません。

 

仕事ができる人は、

記憶力も良いのは事実です。

 

 

体系化する人

 

体系化する人とはどんな人か。

 

英語の勉強をするときを例に挙げましょう。

 

・ノートにびっしり日本語訳を書く

・マーカーで色分けをして綺麗にノートをつくる

・テキストの頭から覚える

 

こんな人は体系化したがる人です。

 

体系化するとは、

簡単にいうと「イチから全てを順序立てる」ことです。

 

つまり、テキストも1P目から読む

全部キレイに同じ形式でまとめる

などの行為をいいます。

 

まず、これをやめましょう。

 

 

仕事に落とし込む

 

さっきの英語のテキストの例を

仕事に落とし込んでみましょう。

 

たとえば、不動産会社の新築マンションの販売

覚えることはたくさんあります。

 

たとえば、

・建物の構造

・住宅ローンについて

・周辺エリアについて

 

どれも全て重要です。

 

 

これを体系化して覚えると・・・

 

・建物の構造→基礎、壁、床、コンクリート・・・

・住宅ローンについて→そもそも元利均等って何だろう・・・

・周辺エリアについて→この街の歴史は・・・・

 

私のまわりにいた「出来ない」同僚は、

こんな感じで徹底的に調べてました。

 

一つ一つノートにまとめて、

分かりやすくインデックスまで作って・・・

 

ビジネスマンの方なら分かりますよね?

 

こんなことしている時間はない!

 

 

ではどうやって覚える?

 

簡単です。

 

必要なものを覚えれば良いのです。

 

たとえば、「住宅ローン」について

顧客の聞きたいことは何でしょう?

 

元利均等なんてどうでも良い。

聞きたいのは「変動と固定どっちがお得」

「どの銀行がお勧め理由は?」

 

ということです。

 

元利均等の仕組みを覚えていると、

そもそも金利の成り立ちは・・・

日銀の役目は・・・・

 

とどんどんドツボにはまります。

 

大事なのは本質を捉えることです。

 

 

ビジネスでいう「本質」

 

ビジネスの世界でいう「本質」は簡単です。

 

「顧客志向」であること。

つまり、顧客のニーズを想像するだけ。

 

さきほど挙げた住宅ローン以外でいうと

 

建物の構造は

「地震対策はどうなっている?」

「音の問題は?」

 

などです。

 

コンクリートや基礎なんてどうでもいいのです。

 

 

記憶力は本質をとらえる

 

記憶力の話から若干話が変わってきた

と思ったかもしれません。

 

しかし、実はこの「本質」の話は、

記憶力と関係があります。

 

イチから体系化して覚えるから、

キャパが一杯になるのです。

 

また、必要のない知識まで詰込みむので、

必要ない知識はどんどん忘れます。

 

つまり、覚えても意味がないのです。

 

これは感覚的に分かるはずです。

 

必要ないということは使わない知識ということです。

 

知識は「使って、話して、文章にして」

はじめて記憶として定着します。

 

 

本質を捉えれば記憶力は上がる

 

つまり、本質を捉え、

必要なことを覚えるようにする。

 

記憶力を上げる技はこれだけです。

 

「何かのイメージと一緒に覚える」

など記憶術はたくさんあります。

 

これらも一理あるでしょう。

 

しかし、ビジネスの世界で、

いちいち何かイメージに置き換えている暇はありません。

 

 

良いスパイラル

 

顧客のニーズを想像し、

必要なものだけを記憶しましょう。

 

その必要なモノは

「つかって、話して、文章にする」ので、

記憶として定着します。

 

その繰り返しで記憶が蓄積されて、

記憶力も向上します。

 

記憶が蓄積されれば知識が蓄積されます。

 

知識が蓄積されれば、

何かを覚える時に何かの知識とつながります。

 

そうするとモノを覚えやすいのです。

 

この良いスパイラルを発揮するためには

体系化して覚えないクセ付けをすることです。