イキナヒトのブログ

年収1,300万円のフリーランスが「稼ぐこと」「ビジネス」「転職」「就職」「不動産」などを語っていきます。

トランプ氏の当選で思ったのは「自分で考える」ということ

 

ついにアメリカの大統領が決まりました。

 

なんと・・・トランプ氏になりましたね。

クリントン氏のメール問題もあったものの、

やはり、「クリントン氏優勢」とはいわれていました。

 

今回のトランプ氏の当選で一番思ったことは、

「自分で考える」

ということでした。

 

色々あると思いますよ。

トランプ氏の経済政策が・・・

仮にアメリカがTPPに参加しなければ・・・

などなどね。

 

 

真実なんてない

 

ここで言いたいのは、

「エコノミストや有識者のいう事はいい加減」

ということではありません。

 

結局真実は分からないのです。

当たりまえですけど。

 

私がいいたいのは、

それは大統領選に限った事ではないということです。

 

仕事でも部活でも、

上の言うことが正しいとは限らない

ということです。

 

 

ニュースでも

 

私は良くモーニングサテライトを良く見ます。

この番組は株や為替をやっている人は、

良く見る番組ですよね。

 

そのニュースでも、

トランプ氏優勢はずっと言われていました。

 

なんなら共和党の候補を決めるときにも

「トランプ氏の勢いは失速する」

と言われていました。

 

しかし、結局共和党の代表にも選ばれて、

結局大統領になりましたね。

 

 

世論に流される

 

トランプ氏が大統領に出馬を表明したのは、

2015年6月16日です。

 

このときにトランプ氏が大統領になると

本気で思っていた人はいるでしょうか?

 

トランプ氏ですら本気で思っていなかったかもしれません。

 

 

会社に置き換えてみる

 

会社でも全く同じです。

 

上司がいう事が正しいとは限りません。

 

特に若いうちは

特に大企業は

特に怖い上司だと

 

盲目的に上司のいうことを

信じてしまう可能性が高いです。

 

 

サイレントマジョリティー

 

サイレントマジョリティーとは

簡単にいうと、

「モノ言わぬ大多数」です。

 

サイレントマジョリティーは

間違いなく大企業に多いです。

 

単純に大企業は

・指揮系統が複雑である

・決裁権者が多い

・責任が大きい

 

これらの理由から、

仕方ない部分は正直あります。

 

 

サイレントマジョリティーが出来やすい

 

サイレントマジョリティーが出来やすいのは

先ほどのような環境です。

 

しかし、さらにサイレントマジョリティーが出来やすいのは、

盲目的に上司を信じることです。

 

気持ちは分かります。

何も知らない中なら、

盲目的に信じるでしょう。

 

また、全て疑うと、

それはそれで成長しません。

 

 

なぜ?を繰り返す理由

 

なぜ?を繰り返せ

割と良く聞きませんか?

 

この理由はたくさんあります。

・本当に自分の考えが合っているか確かめる

・深掘りすることで、質の高い意見にする

・自分ごとに落とし込む

 

などなど。

 

私は「なぜ?」を繰り返す一番の理由は

サイレントマジョリティーにならないためだと思います。

 

上司のいう事を疑うのではなく

「なぜ?」と考えてみましょう。

 

そこに疑問があれば、

上司に聞く。

 

この簡単なルーティーンです。

 

 

こんなのやってるよ

 

こう思った人いませんか?

 

本当にやっていますか?

 

あまりやっていないと思いますよ。

 

なぜなら習慣化していないと

中々できないからです。

 

皆さんもサイレントマジョリティー

にならないため、

なぜ?を繰り返してみてください。

 

トランプ氏の話から

大分派生しました。

 

久々になぜ?を考える良い機会でした。